23の便利な機能:SWELLでできること、できないこと【ブロック】

SWELLでできること
  • URLをコピーしました!
質問

SWELLって、評判良いですよね。SWELLだからできること、便利な機能を教えてください。

SWELLを購入するか、迷ってませんか?

SWELLは、17,600円と高価な買い物。慎重になって当然です。

でももし、何ができて、何ができないのか事前にわかれば、後悔しないはず。

そこでこの記事は「SWELLオリジナルブロックを21つ+便利な機能2つ」紹介します。

この記事を読めば、SWELLに乗り換えるべきか、正しい判断ができます。

結果、お金と時間を節約できます。

登場人物
この記事を書いている人
この記事を書いている人

\マウス操作だけで美しいサイトに/

SWELLはこんな人におすすめ
  • 検索順位があがらない…
  • サイト表示速度が遅い…
  • コードの知識がない…
  • WordPressが苦手…
  • サイトがダサい…

2022年12月8日の情報です。

この記事でわかること(もくじ)

【まずは結論】SWELLで”できること”~21ブロック紹介

動画:SWELL でできること

結論、SWELLでできることは「SWELLブロック」です。

SWELL ユーザーだけが使える、オリジナルブロックです。

SWELLが直感的に美しいサイトが作れる理由は、SWELLブロックがあるからです。

番号ブロック名機能オススメ度
1アコーディオン特定のコンテンツを隠す
2ABテスト5秒でABテスト開始
3バナーリンク画像をバナーに変換
4ボックスメニュー画像とテキストリンクが並んだボックス
5SWELLボタン広告コードをそのままペーストできるボタン
6キャプションボックス記事がスッキリするボックス
7リッチカラムリッチなコンテンツを、記事どこでも作れる魔法のボックス
8説明リスト(DL)タイトルと説明を瞬時に出すボックス
9FAQ質問&回答
10フルワイドコンテンツを、枠いっぱいに表示する
11ステップ手順をわかりやすくまとめるボックス
12タブボックス内に要素を格納
13広告タグ広告の一括管理
14ふきだし登録した吹き出しを呼び出す
15ブログパーツテンプレート機能
16投稿リスト書いた記事をまとめて表示
17関連記事内部リンク、外部リンクをワンクリックで作成
18制限エリアブロックごとにセキュリティー対策
19商品レビュー(β)商品レビュー
20RSSブロックでRSS登録
21リンクリストリストでリンクを作成
SWELLブロック一覧表:できること

SWELLを購入すると「SWELLブロック」が、20個使えます。

キャベツ太郎

SWELLブロックを使うことで、他テーマより+αの機能が使えます。

ブロックを使いこなすことで、サイト制作、記事作成の工数が減ります。

結果、記事作成に集中できます。

以下、SWELLでできること「21個のSWELLブロック」について、詳細を記載します。

SWELLでできること一覧

アコーディオンブロック

「アコーディオンブロック」実際の表示

アコーディオン(クリックして開きます)

アコーディオン

画像も挿入できます
動画:アコーディオンブロックでできること

アコーディオンとは「項目」をクリックすると、隠れているコンテンツを表示できる機能です。

記事に、あれもこれも書いて「ごちゃごちゃ」した経験、ありませんか?

キャベツ太郎

余計な情報がだったら削除すればよいですが、大切な情報は消せません。

そんなとき、アコーディオンを使うと、1つのBOXに情報を格納できて、情報を消さずにすみます。

情報を消さずに、サイトを整理できます。結果、ユーザーの利便性があがり、サイト滞在時間が増えるメリットがあります。

アコーディオンはこんな人におすすめ
  • スマホ画面でも見やすくしたい
  • ページをじっくり読ませたい
  • 情報量が多いサイト
アコーディオンブロックの使い方(公式)

ABテストブロック

「ABテストブロック」実際の表示(ページ更新すると切り替わります)

動画:ABテストブロックでできること

ABテストブロックとは、ABテストが5分で開始できる、SWELLオリジナルブロックです。

例えば、CTA(コールトゥアクションボタン)で新しい訴求を試すとき、どちらが効果的か、わかりませんよね。

キャベツ太郎

何も考えず、マイクロコピー設定してます。

そんなとき、ABテストブロックを使ってABテストすると、どちらが効果的か、数値で判断できます。

ABテストを繰り返すことで、クリック率が確実にあがります。結果、クリック数が増えるので、アフィリエイト成果も増えます。

ABテストブロックはこんな人におすすめ
  • アフィ成果を最短で伸ばしたい
  • 刺さる訴求を見つけたい
  • リード文のABテストがしたい
ABテストブロック(公式)

バナーリンクブロック

「バナーリンクブロック」実際の表示

動画:バナーリンクでできること

SWELLバナーリンクとは「画像編集なし」でバナーが作れる機能です。

「H2ごと」の配下に、バナーを設定する人は多いと思います。でも、H2ごとにバナーを作るのって、けっこう面倒ですよね。

しかし、SWELLバナーリンクを使えば、画像を用意するだけでバナー作成できます。

バナー制作に、フォトショップ、キャンバが不要です。

バナーリンクはこんな人におすすめ
  • バナーデザインが苦手
  • フォトショップを持っていない
  • フリー素材しか持っていない
バナーリンクブロック(公式)

ボックスメニューブロック

「ボックスメニューブロック」実際の表示

動画:ボックスメニューでできること

ボックスメニューとは「アイコンとテキストがセットになった」リンクボックスです。HTMLやCSSの知識不要で、サイトどこにでも「ボックスメニュー」を配置できます。

例えば、フッターやヘッダーに「カテゴリページのリンク集」「おすすめページのリンク集」など表示可能です。

集客を強化したいページへの、内部リンクを集めるときに有効です。

ボックスメニューはこんな人におすすめ
  • サイトにインパクトをつけたい
  • フッターにコンテンツリンクを入れたい
  • おすすめページをまとめて表示したい
ボックスメニューブロック(公式)

SWELLボタンブロック

「SWELLボタンブロック」実際の表示

動画:SWELLボタンでできること

SWELLボタンブロックとは「リッチなボタン」が5秒で作成できる、オリジナル機能です。

ボタン作成に時間をとられて、悩んだことありませんか?

SWELLボタンなら、5秒でかっこいいボタンが作成できます。

デザインも豊富なので、ボタン作成に時間を使いません。

SWELLボタンのすごいところは「アフィリエイト広告リンク」を、改変せずそのままペーストできること。

アフィリエイトリンク入りのリッチなCTAボタンが、5秒で作成できます。

SWELLボタンはこんな人におすすめ
  • ボタン作成に時間をかけたくない
  • 光るボタンが作りたい
  • ボタンにアイコンを利用したい
SWELLボタンブロック(公式)

キャプションボックスブロック

「キャプションボックス」実際の表示

タイトルが入ります

テキストを挿入できます。

動画:キャプションボックスでできること

「キャプションボックス」ブロックは、キャプション付きのボックスが、ワンクリックで作成できる機能です。

情報量が多く、記事にまとまりがないとき、「キャプションボックス」ブロックを使うと、情報が整理できてスッキリします。

キャプション付ボックスは、とっても目立つので、大事なことを伝えるメリットがあります。

キャプションボックスはこんな人におすすめ
  • 記事にメリハリを出したい
  • リストを頻繁に使う
  • ボックスの作成が苦手
キャプション付きブロック(公式)

リッチカラムブロック

「リッチカラムブロック」実際の表示

名刺

プロフィール

名前:山田太郎

部署:マーケティング

役職:なし

名刺

名前:山田花子

部署:マーケティング

役職:部長

動画:リッチカラムでできること

リッチカラムブロックとは、通常の「カラムブロック」を自分好みにカスタマイズできる機能です。

例えば、カラムブロックを横並びに配置したいとき、リッチカラムブロックを使うと、理想が叶います。

縦、横、自在にカラムを配置できるので、デザインの柔軟性が高いです。「こんなデザインできないかな?」が叶います。

リッチカラムはこんな人におすすめ
  • 自由にブロックを配置したい
  • カラムを横に配置したい
  • オリジナルコンテンツを作りたい
リッチカラムブロック(公式)

説明リスト(DL)ブロック

「説明リストボックス」実際の表示

説明リストA

HTMLのDLタグが、ワンクリックで作成できます。

説明リストB

Bの説明をここに表示

横並びもできます

説明リストA

HTMLのDLタグが、ワンクリックで作成できます。

説明リストB

Bの説明をここに表示

説明リスト(DL)ブロックとは、HTMLでいう「dlタグ」を設置できるブロックです。

HTML:DLタグ
HTML:DLタグ

例えば、商品のメリット、デメリットを詳しく説明するときに使います。

HTML文法で、記事が作成できるので、SEOに有利になります。

説明リストはこんな人におすすめ
  • 商品説明が多い
  • メリット、デメリット記事が多い
  • HTML文法にこだわっている
説明リストブロック(公式)

FAQブロック

「FAQブロック」実際の表示

質問1

答え

質問2

答え

質問3

答え

動画:FAQブロック

FAQブロックとは、質問と答えがセットになっているSWELL限定のブロックです。

FAQを作りたいけど、HTML、CSSが組めない人におすすめです。

FAQブロックを使うと、ワンクリックで、FAQの枠を作成できます。

構造化データを出力できるので、SEOに有利です。

FAQブロックはこんな人におすすめ
  • アフィ商材を多く扱っている
  • 質問をまとめて、記事をスッキリさせたい
  • FAQに構造化データを設定したい
FAQブロック(公式)

フルワイドブロック

「フルワイドブロック」実際の表示

フルワイドの上に画像を配置
フルワイドの上に画像を配置
動画:フルワイドでできること

フルワイドブロックは、画面「横幅いっぱい」に、背景色や背景画像を表示できるブロックです。

HTMLやCSSの知識がなくて「サイトのデザインがイマイチ……」と感じる人におすすめのブロックです。

例えば、トップページでフルワイドブロックを使うと、印象的なサイトになるのでおすすめ。

絶対に伝えたいコンテンツが、しっかり伝わるメリットがあります。

フルワイドブロックはこんな人におすすめ
  • パンチのある記事を作りたい
  • 印象的なサイトに改修したい
  • サイトトップページをカッコよくしたい
フルワイドブロック(公式)

ステップブロック

変更できるよ
タイトル

サンプル

変更できるよ
タイトル

サンプル

「ステップブロック」実際の表示

ストウブ鍋で玄米をおいしく炊く方法

STEP
玄米を水に浸す

玄米を洗い、丸1日浸水させる。

STEP
玄米を乾かす

30分ザルにあげる。

STEP
弱火で炊く

ぐつぐつとしっかり沸騰したら弱火で25分、火を止めて15分蒸らす。

動画:ステップブロックでできること

ステップブロックとは、作業の手順、料理の作り方など、わかりやすく伝えるブロックです。

ステップブロックは、リライトするときに重宝します。

例えば、「手順」が記載されていない記事に、ワンクリックで手順を追記できます。

キャベツ太郎

収益を増やすなら、手順の記載は必須です。

なぜなら、ユーザーは手順を探すため、ページ離脱してしまうから。

結果、アフィリエイト収益が減ります。

ステップブロックを使うと、ワンクリックで手順を設置できるので、リライトも簡単。

ユーザーへの行動喚起を強化できるので、収益が増えます。

記事も見やすくなり、SEOに有利になります。

ステップブロックはこんな人におすすめ
  • 手順を記載していない記事が多い
  • リライトする予定がある
  • 最近、記事の収益が減ってきた
ステップブロック(公式)

タブブロック

「タブブロック」実際の表示

動画:タブブロックでできること

タブブロックとは「タブつきボックス」が作成できる機能です。

タブボックスは、コーディングの難易度が高いです。SWELLはワンクリックで作成できるので、時短に繋がります。

例えば、複数の商品を、1つの記事で比較したいとき、記事が縦に長くなりがちです。

そんな時にタブブロックを使うと、記事がスッキリします。

ユーザービリティも向上するので、SEOに有利になります。

タブブロックはこんな人におすすめ
  • 商品比較する記事が多い
  • 記事が、ムダに長くなりがちだ
  • 情報を集約したい
タブブロック(公式)

広告タグブロック

「広告タグブロック」実際の表示

【吹き出しをクリックするとサンプル表示できます】

動画:広告タグブロックでできること

広告タグブロックとは、Wordpress管理画面「広告タグ」に登録した広告タグを、呼び出すブロックです。

サイトで扱うアフィ商材が多くなると、タグがどこに貼ってあるか、把握できません。

キャベツ太郎

「1年前のキャンペーンバナーを使っていた…」なんてこともありました。

そんなお悩みは、広告タグブロックで解決できます。

タグの可視化、整理整頓に優れた機能です。

キャンペーンの管理が可視化されるので、時間が節約できます。

また、SWELL広告タグは、広告の「一括管理」だけでなく、インプレッション、クリック数の計測ができます。

数値計測ができるので、ABテストが可能です(SWELL ABテストブロックを使う)。

キャベツ太郎

クリック率の高いバナーや文言が見つかります。

また、広告タグのテンプレートが5種類もあるので、初心者でもきれいなレイアウトで広告表示が可能です。

広告タグブロックはこんな人におすすめ
  • タグの管理をまとめたい
  • キャンペーンが多い商材を扱ってる
  • カッコいいランキングを作りたい
広告タグブロック(公式)

ふきだしブロック

「ふきだしブロック」実際の表示

キャベツ太郎
動画:吹き出しブロックでできること

ふきだしブロックとは「ふきだし管理」にて登録した独自の吹き出しを呼び出す機能です。

例えば、Aさん、Bさん、 Cさんと、登場人物が多いサイトは、毎回ふきだしを設定すること、めんどうですよね。

そんな時に「ふきだしブロック」を使うとで、1秒で設定できます。

ふきだしデザインを、一括更新できるメリットがあります。

コピペ回数が減るので、工数が削減できます。

ふきだしブロックはこんな人におすすめ
  • ふきだしを使う頻度が多い
  • ふきだしを一括更新したい
  • 色、枠など、自由度の高いふきだしを作りたい
ふきだしブロック(公式)

ブログパーツブロック

ブログパーツ
SWELL:ブログパーツ
動画:ブログパーツでできること

ブログパーツブロックとは、CTAボタンやリード文など、定型文を使いまわせる機能です。

例えば、キャンペーンボタンや期間表示を、一括更新したいときありませんか?

ブログパーツを使わないで定型文を管理していると、記事ごとに更新する必要があります。

しかし、ブログパーツを利用することで、キャンペーン内容を一括更新できます。

1記事ごと更新する手間を省けます。時間の節約になります。

ワードプレス共通機能「再利用ブロックと何が違うの?」と思う人もいるでしょう。

違いは、再利用ブロックが連動型に対し、ブログパーツは孤立していることです。

再利用ブロックは、間違って更新すると、意図しない個所も更新されてしまうリスクがあります。

しかし、SWELLのブログパーツは、孤立しているので、誤って更新するリスクがありません。

ブログパーツはこんな人におすすめ
  • キャンペーンが多い商材を扱っている
  • 記事内に同じコンテンツがある
  • 同じコンテンツを使いまわしたい
ブログパーツブロック(公式)

投稿リストブロック

「投稿リストブロック」実際の表示

動画:投稿リストブロックでできること

投稿リストブロックとは、Webサイトの好きな場所に、記事リストとしてまとめて表示できる機能です。

例えば、トップページに「一押し商品特集」カテゴリーを表示させ、特定商品の集客強化できます。

「わたしはコードいじれないから、凡ページしか作れないのよ…」

そんなときに、投稿リストを使うと、リッチなキャンペーン記事ができあがります。

柔軟にカスタマイズできるので、プログラミングが苦手な人におすすめです。

投稿リストブロックはこんな人におすすめ
  • キャンペーン記事を作りたい
  • プログラミングできない
  • CSSやHTMLが苦手
投稿リストブロック(公式)

関連記事ブロック

「関連記事ブロック」実際の表示

動画:関連記事ブロック

関連記事ブロックとは、ブログカードの別名です。

内部リンクと外部リンクを、ワンクリックで作成できる機能です。

内部、外部リンクの設定、いちいちコピペするの面倒ですよね。サイトからURLコピーしてきて、カスタムHTMLに貼り付けて…

キャベツ太郎

作業だけで、5分はとられます。

しかし、関連記事ブロックなら、コピペ一発

5秒で内部、外部リンクが設定できます。

「あわせて読みたい」など、文字を自由に挿入できるため、クリック率を高めることができます。

結果、サイトの滞在時間が増え、SEOに有利に働きます。

関連記事ブロックはこんな人におすすめ
  • 内部リンク/外部リンクを頻繁に使う
  • リライトで内部リンクを増やしたい
  • ドメインパワーを強くしたい
関連記事ブロック(公式)

制限エリアブロック

「制限エリアブロック」実際の表示

SWELLマイページにログインしている人は、このかわいい猫が非表示になってます。

制限エリアとは、ブロックごとに表示を制限できる、SWELLオリジナルブロックです。

制限エリアブロックでできること

ログイン状態で制限する

ログインというのは、WordPressへのログインです。

動画:制限エリアブロックでできること

楽天スーパーセールや、Amazonブラックフライデーで、一時的にコンテンツを表示したいときありませんか?

1週間前のセール情報を掲載してしまうと、ユーザーは迷い、サイト離脱に繋がります。

そんな時に制限エリアブロックで「表示期間を制限する」と、期間外になったタイミングで自動非表示できます。

メリットがあります。

制限エリアブロックはこんな人におすすめ
  • 物販サイトを運営している
  • 制作案件でクライアントに権限を渡す
  • ECサイトの制作でログインページを作成
制限エリアブロック(公式)

商品レビュー(β)ブロック

「商品レビュー(β)ブロック」実際の表示

動画:商品レビューブロックでできること

商品レビュー(β)ブロックとは、商品レビュー用の構造化データを出力できるブロックです。

構造化データを、サイトに設定するメリットは、2つあります。

  1. 検索エンジンのロボットがサイト・ページの内容を認識しやすくなる
  2. 検索結果にリッチリザルトが表示されることがある
構造化:マークアップ

構造化データを設置するには、マークアップが必要です。コード知識がないと、サイトのレイアウトが崩れたり、不具合が起きます。

しかし、商品レビュー(β)ブロックは、構造化データを、ブロックから簡単に出力できます

FAQブロックも、ブロックから構造化設定できます。

ブロックから、構造化が設定できるのは、SWELLだけ。

でも、構造化データを設置していかないと、SEOに不利になるので、困っちゃいますよね。

FAQブロック
FAQ:構造化

SWELLは、ブロックからオンオフ設定ができるので、HTMLにマークアップする必要がありません。

タイピングができれば設定できるので、初心者でも安心です。

商品レビュー(β)ブロックはこんな人におすすめ
  • 検索結果にレビュー★を表示したい
  • SEOで競合と差別化したい
  • HTMLやCSSの知識がない
商品レビューブロック(構造化)
商品レビューブロック(公式)

RSSブロック

「RSSブロック」実際の表示

動画:RSSブロックでできること

RSS(Rich Site Summary)とは、Webサイトの新着・更新情報を簡潔に配信する仕組みです。

RSSブロックとは、新着情報を「自動配信、更新」できる機能です。

例えば、SWELLの新着情報をのせたいとき、アップデートするたびに修正していたら、時間がもったいないです。

キャベツ太郎

RSSフィード、XMLなどの知識がなくても、クリックでRSSが設置できます。

「もっと色んな人にSWELLを知ってもらいたい!でも、出来る限り手間は増やしたくない。」

「SWELLの情報発信したいけど、1つ1つ新着情報を取ってくるのが面倒…」

そんな時にRSSブロックを使うと、更新の手間が省けるので、時短になります。

常に最新情報を取得してくるので、SEOに有利になります。

RSSブロックはこんな人におすすめ
  • 情報系のサイトを運営している
  • 更新が多い商材(服とか)を扱うECサイト
  • RSSフィード、XMLなどの知識がない
RSSブロック(公式)

リンクリスト

「リンクリスト」実際の表示

ココがポイント

内部リンク、外部リンクボタンが、クリックで作成できます。

SWELLできること:リンクリスト

リンクリストは、リストをリンクで作成する前提の機能です。

普通のリストを使ってリンクを並べるのは、

  1. リストを作成
  2. デザインする
  3. リンクを張る

といった手間がかかります。

しかし、リンクリストは、各項目ブロック自体にリンク設定項目が設定してあるため、②③の工程をポチポチすれば、リストリンクが作成できます。

キャベツ太郎

リストリンクの作成時間が50%減るので、とってもラクです。

リンクリストはこんな人におすすめ
  • 内部リンクを使うことが多い
  • 記事でリストを多用する
  • かっこいいリストを作りたい

作業がはかどる!便利な機能【SWELLユーザー限定】

SWELL:便利な機能

ここからは、自身の経験から「SWELLでできる便利だったこと」をお伝えします。

どんな機能で、どんな悩みを解決して、どんな人向けなのか、解説します。

番号名称機能こんな人におすすめおすすめ度
1ヘッダー動画トップページにワイド動画Webサイトをリニューアルしたい
2テーブルブロック◎×比較表商品を比較する記事が多い
SWELLだけの便利な機能

トップページ動画

SWELLヘッダー動画

ヘッダー動画とは、サイトのトップページに、動画を組み込むSWELLオリジナル機能です(上記リンク参照)。

上記のような、動画サイトを作るには、HTMLやCSSの知識が必要です。制作期間は、1週間を超えるでしょう。

キャベツ太郎

外部に依頼するにも、数十万円かかります。

SWELLなら、スマホで撮影した動画も設置できるので、いますぐ「ダサいサイトをカッコよくしたい人」におすすめ。

ちょっと高めのテーマ(17,600円)ですが、これだけでも元が取れます。

ヘッダー動画はこんな人におすすめ
  • インパクトあるサイトを作りたい
  • ビジュアル重視
  • ファッション系サイトを作りたい
メインビジュアル設定(ヘッダー動画)

テーブルブロック

テーブルブロック(メリデメ比較)実際の表示

メリットデメリット
メリット
メリット
メリット
メリット
デメリット
デメリット
デメリット
デメリット
SWELL:メリット・デメリット例
スクロールできます
商品特徴価格評価

商品A
xxxが便利
xxxもできる
xxxはできない
1000円

商品B
xxxが便利
xxxもできる
xxxはできない
1000円

商品C
xxxが便利
xxxもできる
xxxはできない
1000円
SWELL:比較テーブル例

サンプル

動画:SWELLテーブル

テーブルブロックとは「◎×」「メリット・デメリット」「商品比較」テーブルが、クリックで作れる、SWELLオリジナル機能です。

◎×比較表を、デフォルト実装しているワードプレステーマは、SWELLだけ!

SWELL以外のテーマで、◎×比較表を作る場合、有料プラグインが必要です。

また、管理画面から設定する必要があるので、工数がかかります。

なかじさんが作った「SIMPLE BLOG DESIGN」が使いやすいです。しかし、価格は9,800円(買い切り型)です。

SWELLは、デフォルトで、各比較表が永久無料で使えます。

面倒な設定もございません。「ブロック挿入ツール」からワンクリックで呼び出せます。

テーブルブロックはこんな人におすすめ
  • 商品レビュー記事
  • ガジェット(便利な電子機器)
  • コスメ、健康食品
テーブルブロック(公式)

SWELLで”できないこと”【デメリット】

SWELLでできないこと
SWELLできないこと
おくさん

SWELLでできないことってあるの?

SWELLにも、できないことがあります。

  1. クラシックエディタに戻れない
  2. AMP(あんぷ)対応してない

順番に解説します。

クラシックエディタに戻れない

SWELLを使うと、クラシックエディタが使えなくなります。

キャベツ太郎

正確には「戻れなくなる」です。

なぜなら、ブロックエディタが、快適すぎるからです。

わたしは、SWELLに乗り換えるまで、コクーンのクラシックエディタを使ってました。

コクーンのとき、ブロックエディタにしたのですが、激重で、記事作成がストレスに感じてました。

さらに、クラシックエディタは、2023年以降、サポート対象外になる可能性を知り、思い切ってSWELLへ乗り換えました。

乗り換えた結果、サクサク動くSWELLブロックエディタに、衝撃をうけました。

記事作成のストレスがありません。

それに、SWELLは、クラシックエディタに戻してしまうと、使えなくなる機能があります。

たとえば「アコーディオン」ブロックは、クラシックエディタでは使えません。

SWELLでクラシックエディタを使うことは、デメリットでしかありません。

どうしてもクラシックエディタを使いたい人は、SWELL以外のテーマを使うことおすすめ。

AMP(あんぷ)対応してない

アンプ:AMP(Accelerated Mobile Pages)
アンプ:AMP(Accelerated Mobile Pages)

SWELLは、AMP(アンプ)対応してません。

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、モバイルページを高速に表示させるための手法です。

サイト表示が爆速になるので、ユーザー利便性が向上します。

ではなぜ、SWELLはAMPに対応しなのか。

それは、開発者の了さんが必要性を感じていないからです。

Googleは2021年6月、AMPの優遇措置を終了しております。

AMPページは、AMP HTMLで作成するため、本来のページとAMP化したページの2ページを作成する必要があります。

ページ数に応じて、管理データも増えるため、手間がかかります。

キャベツ太郎

AMPは、表示速度が速くなりますが、機能が制限されます(JSが使えなかったり…)

SWELLも、機能を制限すれば、AMP実装可能です。しかし「シンプルで美しい」SWELL本来の強みが、実現できなくなります。

だから、AMPを実装してません。

SWELLは、AMPなしでも爆速です。

SWELLへ乗り換える手順【購入】

SWELL:乗り換える手順
SWELL:乗り換える手順
質問

SWELLを試してみたいけど、どうしたらいいの?

SWELLは、以下手順にて、購入できます。

すでに、他テーマでブログを運営している場合、SWELL乗り換えプラグインを使うことで、まるっと乗り換え可能です。

乗り換え対応プラグイン
  • Cocoon
  • AFFINGER5(AFFINGER6は対象外)
  • JIN
  • SANGO
  • STORK(STORK19は対象外)
  • THE THOR

通常、ワードプレステーマを乗り換える場合、全記事リライトする必要があります。

リライトすることで、記事の鮮度が高まるのでおすすめです。が、時間的に不可能です。

そこで、SWELL移管プラグインを使って乗り換えることをおすすめします。

プラグインをインストールした状態で、移管することで、旧テーマのショートコードやCSSを一部引き継ぐことができます。

乗り換えプラグインは、SWELLを購入して、マイページからダウンロードできます。

HTMLやCSSが苦手だけど、SWELLに乗り換えたい人に、とってもおすすめ。

乗り換えサポートプラグイン

まとめ【ワードプレス:SWELLでできること、できないこと】

SWELLできること:まとめ
SWELLできること:まとめ

まとめです。

今回は「SWELLでできること、できないこと」について、まとめました。

キャベツ太郎

SWELLでできないことは、AMP設定くらいです。

「SWELLでできること」一覧は、以下リンクから確認できます。

SWELLでできること一覧

SWELLは、値段が高いテーマですが、時短に繋がる機能が満載。

例えば記事に「構造化」をマークアップすると、60分かかります。SWELLなら、10秒で終わります。

つまし、SWELLは、貴重な休日とお金を節約できるので、忙しいサラリーマンにおすすめです。

SWELLにしたら100点取れました

SWELLページスピード100点
Google:ページスピードインサイト100点

\ポチポチするだけ!SEO1位とれます/

SWELLは、無料サポートがあるので、ワードプレス初心者でも安心です。

SWELLはこんな人におすすめ
  • 検索順位があがらない…
  • サイト表示速度が遅い…
  • コードの知識がない…
  • WordPressが苦手…
  • サイトがダサい…
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(もくじ)