2/7まで最大52%OFF!月額687円コノハウィング

【実体験レビュー】SWELLの9つの良い点、3つのデメリットと対策

SWELLメリットとデメリット
  • URLをコピーしました!

SWELLを購入するか、JINのままでいくか、迷ってませんか?

SWELLは17,600円(込)なので、悩んで当然です。後悔しても、あとの祭りですから…

キャベツ太郎

そんな人におすすめなのは、経験者の声を聴くことがおすすめです。

そこでこの記事は、SWELLを2年使って感じたリアルな感想を、JINと比較してまとめます。

この記事を読めば、SWELLをガッツリ使っている人のメリット・デメリットがわかります。

適切な判断ができるため、テーマを乗り換える心配がなくなります。

この記事を書いてる人
キャベツ太郎
キャベツ太郎

<プロフィール>

  • ConoHaWING3年目
  • SWELL3年目
  • SEO検定一級
  • 月収6ケタのブロガー
  • 某ASPの社員
プロフィールの根拠(クリックで開きます)
A8:ゴールド会員
A8:ゴールド会員
SEO検定1級
SEO検定1級
サイトの登場人物
登場人物
登場人物
SWELLロゴ

\少ない工数で稼げるテーマ/

SWELLは「乗換えプラグイン」が用意されてます。簡単にテーマ乗換ができます。

この記事でわかること(もくじ)

【まずは結論】SWELLを使えばブログが楽しくなる

開発者の了さん

総論、SWELLを使った感想は「テーマの良いとこ取り」ということです。

なぜなら、ページ表示速度、デザイン性、セキュリティーなど、すべてが高性能だからです。

わたしは、ブログで5つのワードプレステーマを利用してきました。

いまは、全サイト、SWELLにしてます。

運営サイト(キャベツ太郎)

各ワードプレステーマは、使いやすい反面、使いにくい機能が必ずありました。

例えば、JINなら「ページ表示速度が遅い」、SANGOなら「シンプルすぎる」といった悩みです。

SWELLは、人気ワードプレステーマの良いところだけをまとめて作ったようなテーマです。

SWELLの特徴
  • JINの美しいデザイン
  • SANGOのシンプル操作
  • Cocoonのような高速化
  • DIVERのセキュリティー
  • AFFINGERの広告機能

乗り換えるだけでサイト高速化【JINとの比較】

サイトが重い
サイトが重い

私が、SWELLに乗り換えた理由は、JINのサイトの表示速度が遅かったからです。

JINは、デザイン性が高い反面、サイトの表示速度はイマイチでした。

キャベツ太郎

デキサラブログ(JINを使ってました)では、クリックしてからサイトを表示までに、5秒以上かかってました。

表示まで3秒以上かかると、ユーザーはイライラして離脱します。

離脱するということは、サイト滞在時間が少なくなるので、SEOでは不利です。

ワードプレスをカスタマイズできる人なら、JINの表示速度を改善できます。しかし、わたしには、そんな技術ありません。

JIN「サイト表示速度」改善するために行ったこと
  • プラグインの導入検証
  • 画像10,000枚の軽量化
  • htaccessの見直し
  • Javascriptの圧縮
  • CSSの圧縮

そんなとき、ネットの口コミで、SWELLのサイト表示速度が速いことを知りました。

SWELLは、17,600円と高価でしたが「サイト表示速度が改善できるなら安い」と思い、購入しました。

乗り換えた結果、サイト表示スピードはあっさり改善

今までの苦労は何だったのか…

SWELLはこんな人にオススメ
  • 検索順位があがらない
  • サイト表示速度が遅い
  • HTMLの知識がない
  • WordPressが苦手
  • サイトがダサい

事項で、SWELLのメリット・デメリットをまとめます。

SWELLのデメリット3つ【JINと比較】

SWELLデメリット
SWELLのデメリット

どんな物事にも、表と裏があるように、SWELLにもメリット・デメリットが存在します。

まずは、デメリットを3つお伝えします。

  1. お高い(17,600円)
  2. アップデートが多い
  3. 返品不可

順番に解説します。

お高い(17,600円)

1つ目のデメリットは、価格が高いこと。

有料テーマの平均は、13,000円ほど。3,000円~高いです。

2023年2月1日の情報です。

スクロールできます
テーマAFFINGERAFFINGERJINJINSWELL
SWELL
the-sonic
THE-SONIC
DIVER
DIVER
SANGO
SANGO
価格(込)14,800円 14,800円17,600円7,800円/年
(税込:8,580円)
17,980円11,000円
発売日2012年2018年2019年2020年2017年2017年
購入買い切り買い切り買い切り月/年買い切り買い切り
操作性普通普通簡単普通難しい簡単
デザインかっこいい系オシャレ系美しい系美しい系企業系かわいい系
表示速度早い遅め爆速早い普通早い
アップデート頻度多い少ない多い普通普通少ない
サポートなしなしありありありなし
詳細詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
WordPress(ワードプレス) 有料テーマ

上記表は、人気ワードプレステーマの比較表です。

ご覧の通り、SWELLは、JINと比べて、2,800円高いです。

しかし、SWELは、時間を買えます。

SWELLが時間を買える理由
  • 乗換だけでサイト表示速度があがる
  • SWELLブロックが多いのでデザインがラク
  • SWELL専用のコミュニティがあるので、課題解決が早い

時間が買える実例をご紹介します。

JINを使っていたとき「アクセス減ってるな」と思い、サイトを見たらサイトが真っ白でした。

キャベツ太郎

要因は、プラグインでした。

実は、サイトでエラーがでるときは、プラグインが原因となっていることが多いです。プラグインを停止すると、エラーが解消される経験は何度もありました。

プラグインは、便利ですが、諸刃の剣。できるだけ少ないほうが良いです。

プラグインの悪影響例
  • プラグイン同士でバッティング
  • サイトが真っ白になる
  • ページ表示速度が遅くなる
  • レイアウトが崩れる
  • 管理が大変

もし、サイトが真っ白なことに気づかなかったら…ずっと収益0円です。

SWELLは、余計なプラグインを入れる必要がないよう、設計されてます。なので、プラグインによるサイトエラーも発生しにくいです。

よって、SWELLは、時間を購入することができると考えております。

アップデートが多い

SWELLのアップデート頻度
SWELLのアップデート頻度

2つ目のデメリットは、アップデートが多いこと。

アップデートのたびに更新する必要がありますので「メンドクセ」と感じる人もいるでしょう。

SWELLアップデート情報

ただし、アップデートが多いことは、良いことです。

なぜなら、不具合、新機能に対応している証拠だからです。

キャベツ太郎

アップデートしないワードプレステーマのほうが、不安になります。

ワードプレスのアップデートは、3つの状況で発生します。

  • ワードプレス本体のシステム更新
  • エラー修正
  • 最新機能のアップデート

SWELLのアップデートが多い理由は、開発者の了さんが、ユーザーの声を拾って、反映しているからです。

SWELLは、マイページからフォーラムにアクセスできるので、SWELL開発陣に質問、意見、提案ができます。

キャベツ太郎

私もフォーラムで不具合を報告した際、2日後にアップデートしてくれました。

アップデートが多いワードプレステーマは、優良テーマを選ぶポイントです。

返品不可

3つ目は、返品ができないこと。

すべてのワードプレステーマ共通ですが、SWELLも例外ではございません。

ワードプレステーマは、デジタルデータです。商品の性質上、商品送付後キャンセル・返品、及び返金はできません。

ココがポイント

通信販売のためクーリングオフは適応されません。商品説明ページを確認してから、購入してください。

SWELLメリット9つ【感想・レビュー】

SWELL:時間が増える
SWELL:時間が増える

続いてメリットを、9つご紹介します。

  1. SWELLは時間を買える
  2. サイト表示速度がゴリッと改善
  3. SWELLはアフィリエイトができる
  4. 美しいサイトがクリックだけで作れる
  5. CTAボタンの作成がラク
  6. ブロックエディタが軽い
  7. 他テーマからの移管が楽
  8. 開発者との距離が近い
  9. アップデートが早い

順番に解説します。

SWELLは時間を買える

1つめのメリットは、時間を買えること。

デザインや、表示速度の改善にかかる工数がなくなるので、記事を書く時間が増えます。

例えば、サイト表示速度を改善したい場合、以下面倒な作業が発生します。

サイト表示速度を改善する工数
  • 画像を圧縮する
  • JavaScriptのファイルサイズを削減する
  • CSSのファイルサイズを削減する
  • サーバー環境を見直す
  • プラグインを入れる
  • プラグインを削除する

サイト表示速度を改善するため、もっとも簡単な方法は、プラグインを導入すること。

プラグインは手軽に導入できる一方、不具合を起こす諸刃の剣

キャベツ太郎

わたしの経験では、記事行間が崩れたり、リダイレクトを繰り返すエラーが発生しました。

エラーが起きると、サイト修復に時間をとられ、記事作成が進みません。

SWELLにすれば、プラグインは、ほとんど不要。なので、ムダな時間が発生しません。

キャベツ太郎

「もっと早くSWELLにしておけば良かった…」と、後悔してます。

サイト表示速度がゴリッと改善

SWELLに乗り換えることで、サイト表示速度が改善します。

※レンタルサーバーはConoHaWING(コノハウィング)

 JINの表示速度
JINの表示速度
SWELLページスピード100点
SWELLの表示速度

プラグインを入れない状態で、JIN(ジンというWordpressテーマ)のスピードを検証。

※スピード検証:PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

結果、JINのページパフォーマンス57点に対し、SWELLは100点でした。(画像参照)

SWELLのサイト表示速度が早い理由は、シンプルにこだわっているから。「いらない機能」を排除することで、高速化を実現してます。

結果、ユーザーの滞在時間が増え、SEOで有利に働き、上位表示できるロジックです。

SWELLの表示速度は、以下記事も参考にどうぞ。

SWELLはアフィリエイトができる

3つめのメリットは、SWELLは、ASP(A8、もしもアフィリエイトなど)を通して、アフィリエイトができます。

(ASP名はシークレットです。SWELL購入後、マイページ内に記載されております。)

アフィリエイトができるのは、SWELLを「正規で購入した人限定」です。

SWELLでアフィリエイトをすると、3つのメリットがあります。

  1. 実体験を記載できる
  2. 広告タグが不要
  3. 単価が高い

SWELLの報酬単価は、2,500円と高単価。

また、自分が実際に使っているテーマなので、実体験レビューが書きやすく、ユーザーに刺さる記事が書けます。

結果、成約数も簡単にあがります。

美しいサイトがクリックだけで作れる

4つ目のメリットは、HTMLやCSSの知識がなくても、美しいサイトが制作できること。

なぜなら、SWELLブロックが豊富だからです。

ノンデザイナーでもデザイナーになれます。

SWELLで実現できる機能一覧
CocoonからSWELLに移管
CocoonからSWELLに移管

上記は、わたしがCocoon(コクーン)でブログをしていたころの画像です(画像左)。

Cocoonから、SWELLに乗り換えただけで、デザイナーが作ったようなサイトになりました(画像右)。

「どんなサイトが作れるの?」については、以下リンクから実際に見たほうが早いです。

SWELLデモサイトと着せ替えリンク
着せ替え
着せ替え

さらに、SWELLには「きせかえ機能」があります。

インストールするだけで、美しいサイトが5秒でつくれます。

例えば、Cocoonで着せ替え機能と「同じクォリティー」を実現する場合、HTMLやCSSを学ぶ必要があります。

1ヶ月以上、工数がかかるでしょう。

ココがポイント

SWELLなら、10分で着せ替え出来ます。

SWELLデモサイトと着せ替えリンク

CTAボタンの作成がラク

5つめのメリットは、CTAボタン(コールトゥアクションと呼ばれるLPに誘導するボタン)の作成が楽なこと。

なぜなら、SWELLは「広告タグ」の種類が豊富だからです。

SWELLで実装できるCTAボタン例
  • ランキングボタン
  • 光るボタン
  • ABテストボタン

テンプレートが豊富なので、上記のような「星付きレビューコンテンツ」も、5分で実装可能です。

ココがポイント

上記を10つ作成して並べれば、ランキング表になります。

また、SWELLボタンを使えば、広告タグをそのままペーストできます。

アフィリエイトタグは「imgタグ」が入っているので、以下のようなボタンを作るの大変ですよね。

サンプル

SWELLリッチなボタン

SWELLなら、上記のような光るボタンが、3秒で作成できます。

SWELLボタン
SWELLボタン

リッチボタンの作り方は、ブロック挿入ツールから「SWELLボタン」を選択して、リンク先URLを入力するだけ。

めっちゃ簡単です。

キラッと光るボタン

テンプレートが複数あるので、ボタンの色や形も、理想が見つかります。

ココがポイント

SWELLには、ブログで収益化するためのツールが、たくさんあります。

SWELL独自のツール
  • ランキング機能
  • テンプレート機能
  • 画像フィルタ
  • 画像トリミング
  • リッチカラム
  • 評価グラフ
  • ふきだし
  • 関連記事
  • アコーディオン
  • ABテスト

SWELLでできることは、以下リンクから確認できます。

ブロックエディタが軽い

6つ目のメリットは、サイト表示速度だけでなく、ブロックエディタが軽いことです。

無駄な機能は、排除するSWELL。そのため、管理画面がサクサク動きます。

キャベツ太郎

私はレッツノートCF-SX2を使っております。2012年モデルで古い機種ですが、サクサク動きます。

レッツノートでJINを使っていたとき、文字を入力するとカクカクしてました。しかし、SWELLのブロックエディタは、カクカクせず、ラグもありません。

古いノートパソコンでも、SWELLは使えます。パソコンを買い替える必要もなし。

他テーマからの移管が楽

7つめのメリットは、他テーマからの移管が楽なこと。

なぜなら、移管用プラグインが用意されているから。

移管プラグイン対応テーマ
  • Cocoon(コクーン)
  • JIN(ジン)
  • SANGO(サンゴ)
  • STORK(ストーク)
  • THE THOR(ザ・トール)
  • AFFINGER(アフィンガー5)
乗り換えサポートプラグイン

プラグインがあれば、10分でテーマを変更できます。

移管手順は、3ステップです。

STEP
SWELLマイページからプラグインをダウンロード
STEP
ワードプレスにプラグインをダウンロード、有効化
STEP
テーマをSWELLに変更する

私は、以前CocoonからJINへワードプレスを移管しました。プラグインなしで移管したのですが、めちゃくちゃ大変でした…

なぜなら、サイトのデザインが崩れまくったからです。

崩れた箇所
  • 吹き出しが崩れた
  • マーカーが崩れた
  • BOXが崩れた

そのため、すべての記事を確認して、リライトしました。

キャベツ太郎

修正に1ヶ月かかりました。

SWELLは移管プラグインは「HTML、CSS、テキストの一部」を引き継ぎます。

リライトが少なくなるので、修正工数がかからず、記事の作成が進みます。

開発者との距離が近い

8つめのメリットは、開発者との距離が近いこと。

なぜなら、マイページのフォーラムから、いつでも質問できるからです。

SWELLマイページ
SWELLマイページ

SWELLを購入すると、マイページが使えるようになります。

マイページ内では、SWELL掲示板やコミュティーが利用できます。

例えば「SWELLが表示されない」問題が発生したら、質問することで解決できます。

開発者の了さんが、直々に答えてくれるケースもあります。

事実、私も過去に掲示板を利用して、了さんから直に回答をいただきました。

的確な答えが貰えるため、時間を無駄にしません。

ココがポイント

SWELLは、PC苦手でも安心です。

アップデートが早い

9つめのメリットは、アップデートが早いこと。

アップデートが早いので、エラーがあっても安心です。

SWELLアップデート一覧
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(もくじ)