10分で乗り換え:JINからSWELLへ移行する手順【ワードプレス】

jin-swell-transfer

JINからSWELLへ乗り換えを検討してます。乗り換え手順を教えて下さい。

JINを使っているけど、サイトが遅いと感じてませんか?

わたしは、JINを使っていた時、PageSpeedInsite(ページスピードインサイト)で、50点以下…

Googleは、パフォーマンス50点以下のサイトは非推奨です。

高速化プラグインをいれても、画像を100枚軽量化しても、ページ速度が改善せず、悩んでいました。

キャベツ太郎

でも、SWELLに入れ替えたら、一発で高速化できました。

そこでこの記事は、JINからSWELLへ乗り換える手順と、移行後の影響について、記事を書きます。

この記事を読むことで、事前にリスクを回避できます。

結果、JINからSWELLへの乗り換えがスムーズに行えて、記事の作成に投資できます。

この記事を書いている人
この記事を書いている人
登場人物

2022年10月1日の情報です。

この記事でわかること(もくじ)

乗り換えサポートプラグイン【SWELLマイページからダウンロード】

SWELLの強み
SWELLの強み

SWELLの強みは「乗り換えサポートプラグイン」を提供していること。

購入後、マイページから、ダウンロードできます。

プラグインをインストールしてSWELLテーマに変更すると、対応しているテーマの内容が、一部引き継がれます。

移行前のグーテンベルク(ブロックエディタ)を利用していた人は、移行がとってもラク。

逆に、クラシックエディタを使っていた場合は、リライトが増えます。

移行プラグインに対応しているワードプレステーマ

  • Cocoon
  • AFFINGER5(AFFINGER6は対象外)
  • JIN
  • SANGO
  • STORK(STORK19は対象外)
  • THE THOR

上記ワードプレステーマを利用している人は、無料で乗り換え可能です。

移行方法も簡単。

SWELLマイページから、乗り換えプラグインをダウンロードして「有効」にするだけ。

ブログ初心者でも10分でSWELLへ乗り換えできます。

JINからSWELLへ移行手順【画像で解説】

移管手順
移行手順

JINからSWELLへの移行は、6ステップで完結します。

  1. SWELLを購入する
  2. ユーザー登録
  3. SWELLマイページから移行用プラグインをダウンロード
  4. 移行用プラグインをワードプレスへインストール
  5. SWELLをダウンロードする(子テーマ・親テーマ)
  6. ワードプレステーマをSWELLに変更する

6つも手順があって、難しそうですが、クリックと入力だけで完了します。

乗り換えるサイト(デキサラ)
乗り換えるサイト(デキサラ)

わたしが運営するサブサイト「デキサラブログ」は、2021年まで、JINを使っていました。

このサイトを、SWELLに移行します。

デキサラブログ

手順1:SWELLを購入する

まず、SWELLを購入します。※¥17,600(税込)

お支払いは一度限りです。月額や年額ではありません。

SWELLトップページ
SWELLトップページ

SWELLトップページへ。画像赤枠の「購入する」をクリックします。

手順1は、画面通りに進めれば登録できます。

なので「手順2」に進んでも大丈夫です。

クレジットカード登録
クレジットカード登録

クレジットカード登録します。

SSL対応ページなので、セキュリティも安全です。

購入する
購入する

画像赤枠の「支払うボタン」をクリック。

メールが届く
メールが届く

申し込み時に入力したメールアドレスに、購入完了のメールが届きます。

キャベツ太郎

メール内に「購入者限定パスワード」が記載されています。

「購入者限定パスワード」は、ユーザー登録、マイページログインの際に使います

スムーズにユーザー登録ができるよう、コピーしておきましょう。

手順2:ユーザー登録

続いて、SWELLユーザー登録です。

登録することで「SWELLマイページ」が利用できます。

ココがポイント

移行プラグインは、マイページからダウンロードできます。

会員登録
会員登録

メールアドレスと、購入者限定パスワードを使い、新規会員登録をします。

新規会員登録ページ

ユーザー登録完了
ユーザー登録完了

SWELLからユーザー登録完了すると、登録したメールアドレスに、メールが送られてきます。

キャベツ太郎

これでSWELLマイページへ、ログインできるようになりました。

続いて、マイページから、移行プラグインをダウンロードします。

手順3:SWELLマイページから移行用プラグインをダウンロード

下にスクロール
下にスクロール

SWELLマイページにログインして、下にスクロールしていくと、「SWELL製品ダウンロード」というコンテンツが現れます。

乗り換え用プラグインをダウンロード
乗り換え用プラグインをダウンロード

「乗り換えサポートプラグイン」→「JIN用」をダウンロードします。

手順4:移行用プラグインをワードプレスへインストール

乗り換え用プラグインをインストール
乗り換え用プラグインをインストール

「乗り換え用プラグイン」を、ワードプレスへインストールします。

画像①「プラグイン」からインストールします。

インストール
インストール

インストール方法は、他のプラグインと同じ手順なので、割愛(かつあい)します。

プラグインを有効化
プラグインを有効化

プラグインを有効化して完了です。有効化後に、別途設定は不要です。

手順5:SWELLをダウンロードする(子テーマ・親テーマ)

続いて、SWELLをダウンロードします。

SWELL、親、子テーマをダウンロード
SWELL、親、子テーマをダウンロード

SWELLマイページから、下スクロールすると「SWELL製品ダウンロード」から、親テーマ、子テーマ、がダウンロードできます。

ココがポイント

両方必要なので、2つともダウンロードしてください。

SWELLをインストール

SWELLテーマをダウンロードしたら、ワードプレスにログインして、「外観」→「テーマ」に進みます。

「テーマを追加」ボタンから、SWELL親テーマ、子テーマをインストールします。

先に親テーマをインストールします。

不要なテーマは削除する
不要なテーマは削除する

親、子テーマをインストールしたら、子テーマを有効化します。

キャベツ太郎

子テーマを更新することで、親テーマに影響を与えずにテーマをカスタマイズすることが可能です。

手順6:ワードプレステーマをSWELLに変更する

SWELLに乗り換え完了
乗り換え完了

SWELLの子テーマに変更したら、トップページを表示してみましょう。

さあ、始めよう」と表示されていれば、SWELLに移行できてます。

不要なプラグインを削除

不要なプラグインを削除する
不要なプラグインを削除する

SWELLは、高速化設計されているので、Autoptimize(オートオプティマイズ)のような、ソースコード圧縮プラグインは、削除して問題ないです。

削除したプラグイン

  • Autoptimize
  • Scripts-To-Footer
  • Async JavaScript
  • Flying Scripts by WP Speed Matters

JINを使っていたころ、上記のプラグインを入れていないと、PageSpeedInsite(ページスピードインサイト)で50点以下でした。

SWELLは、上記4つのプラグインは不要なので、表示速度が速くなり、サクサクページが開けます。

移行後のメリット・デメリット【JINからSWELLへ】

メリット・デメリット
メリット・デメリット

JINからSWELLへ移行してから2年が経過しました。

「めんどくさかったこと」「良かったこと」を記載します。

デメリット

JINからSWELLへ移行して、デメリットは3つです。

  1. タグの再設定が必要
  2. リライトが大変
  3. 利用できないプラグインがある

タグの再設定が必要なこと

JINのタグ設定
JINのタグ設定

1つ目は、タグの再設定です。

JINで設定していたタグは消えているので、再度設定しないと計測ができません

消えるタグ

  • Googleアナリティクスの設定
  • Googleサーチコンソールの設定
  • Googleアドセンスのタグ設定
  • プラグインの再精査
  • SEO設定
SWELL設定
SWELL設定
キャベツ太郎

タグ設定方法…忘れてしまったよ…

安心してください。SWELLは、移行後のタグ再設定も楽です。

タグ周りは「SWELL設定タブ」に集約されているので、簡単に再設定できます。

seo simple pack
seo simple pack

SEO関連の再設定は「seo simple pack」をインストールすることで、10分で再設定できます。

おくさん

SWELL開発者の了さんが共同で開発したプラグインです。

SWELLの設定手順は、当サイトのトップページから、確認することができます。

※手順8~手順10を参考にすれば、再度設定できます

クラシックエディタ記事のリライトが大変

2つ目は、クラシックエディタ記事のリライトが大変だったこと。

クラシックエディタで書いた記事は、移行プラグインを使っても、一部レイアウトが崩れます。

レイアウトが崩れたパーツ

  • 記事の行間
  • 吹き出しの崩れ
  • ランキング崩れ
JINのワードプレス管理画面
画像引用:JINマニュアル様

例えば、クラシックエディタで作った吹き出しは、SWELLにしたら全て崩れました…

その他にも、50記事ほどリライトしました。

吹き出し対応していない
吹き出し対応してない

画像のように、HTMLのID、CSSクラス属性が、文字列で表示されるエラーもでました。

レイアウト崩れ

また、改行が詰まるエラーも発生。放置してしまうと、ユーザーの離脱要因になるので注意です。

キャベツ太郎

クラシックエディタに慣れ過ぎちゃうと、危険です…

ブロックエディタは、動作が重くて、私も苦手でした。

でも、安心してください。SWELLはクラシックエディタでも、サクサク動きます。

それに、クラシックエディタは、サポートが終了する可能性があります。

Classic Editorのサポートが少なくとも2022年まで

クラシックエディタのサポートが無くなった場合、リライトする日は必ず来ます。

SWELL引越しを機に、ブロックエディタを勉強できると、前向きに考えることオススメ。

利用できないプラグインがある

プラグインが利用できない
プラグインが利用できない

3つ目は、今まで使えていたプラグインが使えなくなること。

わたしのケースでは、投稿テンプレートを作成できるプラグイン「TinyMCE Templates」が使えなくなりました。

でも、SWELLは、テンプレート機能が、デフォルトで使えるのでご安心を。

SWELLにして良かったこと

メリット

JINからSWELLにテーマ変更して、メリットと感じたことは、3つありました。

  1. リライトが少ない
  2. デザイン工数が激減
  3. 表示速度が改善した

順番に解説します。

グーテンベルク記事ならレイアウト崩れが少ない

レイアウト崩れない
レイアウト崩れない

1つ目のメリットは、リライトが少ないこと。

グーテンベルクの記事なら、そのまま再開できます。

レイアウト崩れない
レイアウト崩れない

レイアウトが崩れなかった

  1. 吹き出し
  2. 下線の崩れ(ハイライト)
  3. ボックス

JINからSWELLへスムーズに移行できてました。

コンテンツや文章を強調するボックスや下線。使っている人は多いはずです。

もし、SWELLに移行して、記事内のボックスが崩れていたら…

1記事の修正に30分は要しますので、かなり疲弊します。

キャベツ太郎

100記事あったら3,000時間…

例えば、JINからアフィンガーに移行する場合、3,000時間が必要になります。

なぜなら、移行プラグインがないからです。

SWELLに乗り換えることで、お金と時間が節約できます。

デザイン工数が激減

2つ目は、デザイン工数が激減したこと。

クリックベースで美しいサイトが実現します。

どんなサイトができるのか、SWELLのトップページを見てもらってほうが、早いです。

SWELLトップページは、クリックだけで実装できます。

デザイン知識がなくても、URLのような動きのあるサイトでも、30分で作れます。

パレットに集約

クリックだけで美しいサイトができる秘密は、細かいデザイン調整ができるから。

SWELL設定で変更できるデザイン

  • ボタン
  • マーカー
  • 吹き出し
  • アイコン

SWELLには「SWELL設定」というタブが用意されております。

このタブは、デザインの管理室のようのなもので、デザインを一括管理している部屋です。

キャベツ太郎

JINはテンプレートが豊富なので、サイト全体のデザイン性は高かったです。しかし、個人的には、細かいデザイン調整ができず、ふまんでした。

SWELLは、プラグインを追加する必要も、HTMLをイジることもなく、美しいサイトが実現します。

いままでかけていたデザイン工数を、記事に注力できます。

結果、最短で収益化できるでしょう。

ページ速度が改善した

3つめは、乗り換えただけで、ページ速度が改善したこと。

PageSpeedInsite(ページスピードインサイト)
PageSpeedInsite

JINは、高速化のプラグインを入れていても、PageSpeedInsite(ページスピードインサイト)で50点がやっと

Test My Site
Test My Site

Test My Siteで計測しても、3.2秒と低速でした。

Test My Site(テストマイサイト)

ページ速度が遅いと、SEO的にもよろしくありません。

なので、画像を1枚1枚軽量化したり、高速化プラグインを入れたり…

仕事が終わってから、1ヶ月、サイト改善に時間を使いました。

それでも、ページ速度は改善しませんでした。

SWELL移管後のページスピードインサイト
SWELL移行後のページスピードインサイト

上記画像は、SWELLへ移行後のPageSpeedInsiteの数値です。

SWELLに入れ替えただけで、97%までパフォーマンスが改善!

キャベツ太郎

JINのとき、高速化に使った7日間を返してほしいです…

SWELL移管後のTest My Site
SWELL移行後のTest My Site

SWELL移行後のTest My Siteの数値は、上記画像です。

こちらも3.2秒から2.3秒まで改善!

1ヶ月かけても改善できなかったことを、SWELLは30分で解決してくれました。

ホント、はやくSWELLに変更しておけばよかったです…1ヶ月あれば、5記事書けますから…

まとめ【10分で乗り換え:JINからSWELLへ移行する方法】

まとめ
まとめ

まとめです。

今回は、JINからSWELLへ移行する方法、というテーマで記事を書きました。

JINからSWELLへの移行方法は、6ステップで完結します。

  1. SWELLを購入する
  2. ユーザー登録
  3. SWELLマイページから移行用プラグインをダウンロード
  4. 移行用プラグインをワードプレスへインストール
  5. SWELLをダウンロードする(子テーマ・親テーマ)
  6. ワードプレステーマをSWELLに変更する

6つも手順があって、難しそうですが、クリックと入力だけで完了します。

\こんな人にSWELLはおすすめ/

購入すべき人
購入しなくてもよい人
  • サイト速度が遅い
  • デザインが苦手
  • 複数サイト運用する予定ある
  • 美しいサイトに仕上げたい
  • グーテンベルクを使っていた
  • クラシックエディタを使いたい
  • デザインするのが好き
  • お金をかけずブログしたい

SWELLは¥17,600(税込)です。

有料ワードプレステーマの相場は、10,000円~15,000円ほど。決して安くはありません。

しかし、クリックベースで美しいサイトが作れるので、工数が削減できます。

クラシックエディタは、今後サポートされなくなるので、いまのうちにSWELL移行をおすすめします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(もくじ)