当サイト限定1,000円クーポン(コノハウィング)

JINからSWELLへ移行する手順【10分で乗換え】移管プラグイン

プロモーションが含まれる場合があります
JINからSWELLへ移管
  • URLをコピーしました!
質問

JINからSWELLへの乗り換えを検討してます。手順を教えて下さい。

JINを使っているけど、サイトが遅いと感じてませんか?

実際わたしも、JINを使っていた時、PageSpeedInsite(ページスピードインサイト)で、50点以下で、いつも悩んでました。

Googleは、パフォーマンス50点以下のサイトは非推奨です。

高速化プラグインをいれても、画像を100枚軽量化しても、ページ速度が改善せず、悩んでいました。

やたろう

SWELLに入れ替えたら、一発で高速化できました。

そこでこの記事は、JINからSWELLへ乗り換える手順と、移行後の影響について紹介します。

この記事を読むことで、事前に移管リスクを把握できます。

結果、JINからSWELLへの乗り換えがスムーズに行えます。

この記事を書いている人
プロフィール
筆者のプロフィール画像
やたろう
  • ConoHaWINGユーザー4年目
  • SWELLユーザー3年目
  • SEO検定一級合格
  • 月収6ケタ(プラチナランク)
  • 某ASPの社員
A8プラチナ会員
A8:プラチナ会員

スクロール&拡大できます

SEO検定1級
SEO検定1級
登場人物
登場人物
SWELLロゴ

クリックだけで美しいサイトに

ブログのハードルが低くなるので、忙しいサラリーマンでも楽しく稼げます。

2024年6月12日の情報です。

記事でわかること(もくじ)

【まずは結論】SWELL移行プラグイン~JIN用

SWELLの強み
SWELLの強み

結論、SWELLには、JINからSWELLに移行できるプラグインが用意されてます。

以下、6つのテーマを使っている場合、らくらくSWELLに移管できます。

移行プラグイン対応テーマ
  • Cocoon
  • AFFINGER5(AFFINGER6は対象外)
  • JIN
  • SANGO
  • STORK(STORK19は対象外)
  • THE THOR

プラグインは、SWELL購入後、マイページから、ダウンロードできます。

使い方は簡単。上記から、今使っているテーマのプラグインをインストールしてから、SWELLテーマに変更するだけ。旧テーマのHTML、CSS、テキストの一部を引き継げます。

ポイントは、移行前に「ブロックエディタを使っているか、クラシックエディタだったか」確認すること。

なぜなら、クラシックエディタを使っていた場合、リライトが多くなるからです。

SWELLは、完全ブロックエディタなので、クラシックエディタと相性が悪いです。

そのため、クラシックエディタからSWELLに移管する場合、低品質な記事は、非表示にすること。工数削減できます。

JINからSWELLへ移行手順【画像で解説】

移管手順
移行手順

JINからSWELLへの移行は、6ステップで完結します。

  1. SWELLを購入する
  2. ユーザー登録
  3. SWELLマイページから移行用プラグインをダウンロード
  4. 移行用プラグインをワードプレスへインストール
  5. SWELLをダウンロードする(子テーマ・親テーマ)
  6. ワードプレステーマをSWELLに変更する

6つも手順があって、難しそうですが、クリックと入力だけで完了します。

乗り換えるサイト(デキサラ)
乗り換えるサイト(デキサラ)

わたしが運営するサブサイト「デキサラブログ」は、2021年まで、JINを使っていました。

このサイトを、SWELLに移行します。

デキサラブログ

手順1:SWELLを購入する

まず、SWELLを購入します。※¥17,600(税込)

お支払いは一度限りです。月額や年額ではありません。

SWELLトップページ
SWELLトップページ

SWELLトップページへ。画像赤枠の「購入する」をクリックします。

まず、クレジットカード登録します。

SSL対応ページなので、セキュリティも安全です。

購入する
購入する

画像赤枠の「支払うボタン」をクリック。申し込み時に入力したメールアドレスに、購入完了のメールが届きます。

やたろう

メール内に「購入者限定パスワード」が記載されています。

「購入者限定パスワード」は、ユーザー登録、マイページログインで使います。スムーズにユーザー登録ができるよう、コピーしておきましょう。

手順2:ユーザー登録

続いて、SWELLユーザー登録です。

登録することで「SWELLマイページ」が利用できます。

ココがポイント

移行プラグインは、マイページからダウンロードできます。

メールアドレスと、購入者限定パスワードを使い、新規会員登録をします。

新規会員登録ページ

SWELLからユーザー登録完了すると、登録したメールアドレスに、メールが送られてきます。

やたろう

これでSWELLマイページへ、ログインできるようになりました。

続いて、マイページから、移行プラグインをダウンロードします。

手順3:SWELLマイページから移行用プラグインをダウンロード

SWELLマイページにログイン。下にスクロールしていくと「SWELL製品ダウンロード」というコンテンツが現れます。

「乗り換えサポートプラグイン」→「JIN用」をダウンロードします。

手順4:移行用プラグインをワードプレスへインストール

乗り換え用プラグインをインストール
乗り換え用プラグインをインストール

「乗り換え用プラグイン」を、ワードプレスへインストールします。画像①「プラグイン」からインストールします。

インストール
インストール

プラグインのインストール方法は、他のプラグインと同じ手順。だから割愛(かつあい)します。

プラグインを有効化
プラグインを有効化

プラグインを有効化します。

手順5:SWELLをダウンロードする(子テーマ・親テーマ)

続いて、SWELLをダウンロードします。

SWELLマイページから、下にスクロールしていくと「親テーマ、子テーマ」がダウンロードできます。

ココがポイント

両方必要なので、2つともダウンロードしてください。

SWELLをインストール
SWELLをインストール

SWELLテーマをダウンロードしたら、ワードプレスにログインして、「外観」→「テーマ」に進みます。

SWELLの親テーマ、子テーマをインストール
SWELL親テーマ、子テーマをインストール

「テーマを追加」ボタンから、SWELL親テーマ、子テーマをインストール。先に親テーマをインストールします。

不要なテーマは削除する
不要なテーマは削除する

親、子テーマをインストールしたら、子テーマを有効化します。

やたろう

子テーマを更新することで、親テーマに影響を与えずにテーマをカスタマイズすることが可能です。

手順6:ワードプレステーマをSWELLに変更する

SWELLに乗り換え完了
乗り換え完了

SWELLの子テーマに変更したら、トップページを表示してみましょう。

さあ、始めよう」と表示されていれば、SWELLに移行できてます。

不要なプラグインを削除

不要なプラグインを削除する
不要なプラグインを削除する

SWELLは、高速化設計されています。Autoptimize(オートオプティマイズ)のような、ソースコード圧縮プラグインは、削除して問題ないです。

削除したプラグイン
  • Autoptimize
  • Scripts-To-Footer
  • Async JavaScript
  • Flying Scripts by WP Speed Matters

JINを使っていたころ、上記のプラグインを入れていないと、PageSpeedInsite(ページスピードインサイト)で50点以下でした。

SWELLは、上記4つのプラグインを入れずとも、高速化されます。

移行後のメリット・デメリット【JINからSWELLへ】

メリット・デメリット
メリット・デメリット

JINからSWELLへ移行して2年。「めんどくさかったこと」「良かったこと」を記載します。

JINからSWELLに変更後、感じたデメリット

JINからSWELLに変更後、感じたデメリットは、以下3つです。

  1. タグの再設定が必要
  2. リライトが大変
  3. 利用できないプラグインがある

タグの再設定が必要なこと

JINのタグ設定
JINのタグ設定

1つ目は、タグの再設定です。JINで設定していたタグは消えているので、再度設定しないと計測ができません。

消えてしまうタグ
  • Googleアナリティクスの設定
  • Googleサーチコンソールの設定
  • Googleアドセンスのタグ設定
  • プラグインの再精査
  • SEO設定
SWELL設定
SWELL設定
やたろう

タグ設定方法…忘れてしまったよ…

安心してください。SWELLは、移行後のタグ再設定も楽です。タグ周りは「SWELL設定タブ」に集約されているので、簡単に再設定できます。

seo simple pack
seo simple pack

SEO関連の再設定は「seo simple pack」をインストールすることで、10分で再設定できます。

おくさん

SWELL開発者の了さんが共同で開発したプラグインです。

SWELLの設定手順は、当サイトのトップページから、確認することができます。

※手順8~手順10を参考にすれば、再度設定できます

クラシックエディタ記事のリライトが大変

2つ目は、クラシックエディタ記事のリライトが大変だったこと。

クラシックエディタで書いた記事は、移行プラグインを使っても、レイアウトが崩れます。

レイアウトが崩れたパーツ
  • 記事の行間
  • 吹き出しの崩れ
  • ランキング崩れ
JINのワードプレス管理画面
画像引用:JINマニュアル様

例えば、クラシックエディタで作った吹き出しは、SWELLにしたら全て崩れました…その他にも、50記事ほどリライトしました。

吹き出し対応していない
吹き出し対応してない

画像のように、HTMLのID、CSSクラス属性が、文字化表示されるエラーも…

行間が詰まる
行間が詰まる

また、改行が詰まるエラーも発生。

エラーを放置すると、ユーザーの不振につながります。

結果離脱されて、SEOに不利になるので注意が必要です。

利用できないプラグインがある

プラグインが利用できない
プラグインが利用できない

3つ目は、今まで使えていたプラグインが使えなくなること。

やたろう

プラグイン「TinyMCE Templates」が使えなくなりました。

移管後は、プラグインが機能しているか、自身の目で確かめましょう。

JINからSWELLに変更後、感じたメリット

メリット

JINからSWELLに変更後、感じたメリットは、以下3つです。

  1. リライトが少ない
  2. デザイン工数が激減
  3. 表示速度が改善した

順番に解説します。

ブロックエディタを使っていた場合はリライト少ない

レイアウト崩れない
レイアウト崩れない

1つ目のメリットは、ブロックエディタを使っていた場合は、リライト少ないこと。レイアウトの崩れがなく、リライトせずに済む記事が多くありました。

レイアウト崩れない
レイアウト崩れない
レイアウトで崩れなかったパーツ
  • 吹き出し
  • 下線の崩れ(ハイライト)
  • ボックス

コンテンツや文章を強調する「ボックス機能」「下線機能」はよく使う機能です。もし、SWELLに移行したら、記事内ボックスが崩れていたら…

1記事のリライトに30分は要しますので、サラリーマンには辛い作業です。

やたろう

100記事あったら3,000時間…

しかし、SWELLの移管プラグインを使えば、リライトが少なくなります。

忙しいサラリーマンでも、安心して移管できます。

デザイン工数が減る

2つ目のメリットは、デザイン工数が減ったこと。

SWELLは、クリックだけで美しいサイトが制作できます。HTMLやCSSの知識不要なので、パソコンが苦手な人でも安心です。

どんなサイトができるの?については、SWELLトップページを見てもらってほうが早いです。

SWELLトップページのようなWebサイトが、クリックだけで実装できます。

パレットに集約
パレットに集約

クリックだけで美しいサイトができる秘密は、21個のSWELL限定ブロックが使えるからです。

いままでかけていたデザイン工数を、記事に注力できます。

結果、最短で収益化できるでしょう。

ページ速度が改善した

3つめは、乗り換えただけで、ページ速度が改善したこと。

PageSpeedInsite(ページスピードインサイト)
PageSpeedInsite

JINは、高速化のプラグインを入れていても、PageSpeedInsite(ページスピードインサイト)で50点がやっとです…

Test My Site
Test My Site

Test My Siteで計測しても、3.2秒と低速でした。

Test My Site(テストマイサイト)

ページ速度が遅いと、SEO的に悪いです。だから、画像を軽量化、高速化プラグインを入れたり…仕事が終わってから、サイト改善に時間をたくさん使いました。

それでも、ページ速度は改善しませんでした。

SWELL移管後のページスピードインサイト
SWELL移行後のページスピードインサイト

しかし、SWELLに乗り換えただけで、97点まで改善

やたろう

JINのとき、高速化に使った7日間を返してほしいです…

SWELL移管後のTest My Site
SWELL移行後のTest My Site

SWELL移行後のTest My Siteの数値は、上記画像です。

こちらも3.2秒から2.3秒まで改善!

1ヶ月かけても改善できなかった表示速度。SWELLは30分で解決してくれました。

移行プラグインでらくらく移管~JINからSWELLへ【まとめ】

まとめ
まとめ

まとめです。

JINからSWELLへの移管は、プラグインを使えば6ステップで完結します。

  1. SWELLを購入する
  2. ユーザー登録
  3. SWELLマイページから移行用プラグインをダウンロード
  4. 移行用プラグインをワードプレスへインストール
  5. SWELLをダウンロードする(子テーマ・親テーマ)
  6. ワードプレステーマをSWELLに変更する

JINからSWELLに移管することで、結果的に、

  • サイト表示速度が速くなる
  • デザイン制作の工数が減る
  • リライトの手間が減る

といった効果が得られます。

しかも、SWELLは、一度買えば一生モノ。サポートもついてます。

これからずっと、ページ表示速度で困りません。ラクに稼げるし、毎月旅行にも行けます。

それって、とっても魅力的だと思いませんか?

ブログ初心者でも100点とれる

SWELLスピード100点
Google:ページスピードインサイト100点
SWELLロゴ

ブログ初心者でも美しいサイトに

クリックだけでプロが作ったようなサイトになります。SEOにも強いテーマです。

購入前のよくある質問(クリックで開きます)
SWELLは、本当にサイト表示速度あがるの?

環境次第ですが、私の場合は、サイト表示速度100点取れました。

別のサイトで、SWELL使っていいの?

はい、問題ないです。SWELLは100%GPLです。法人サイトでも制限なく利用できます。

SWELLのお支払方法は?

クレジットカードのみです。

SWELLは返品はできるの?

いいえ、商品の特性上、返品はできません。

サポートある?

チャット、電話は対応してません。マイページのフォーラムから問い合わせしてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事でわかること(もくじ)