手順11:2年以上不具合なし。SWELLにおすすめなプラグイン

swell-plugin

手順10では「Search Consoleの設定方法」を解説しました。

本記事は手順11「SWELLおすすめプラグイン」というテーマで、記事を作成してます。

Google Search Console(サーチコンソール)設定をしたあとは、どうすればいいの?

サーチコンソールを設定したあとは、プラグインをインストールします。

SWELLは、サイト高速化プラグインは、基本導入不要ですが、セキュリティー、フォームは別途設定する必要があります。

キャベツ太郎

ワードプレスは、脆弱性を突かれ、ウィルスに感染することが多いです。

サイト乗っりや情報漏えいを防ぐため、プラグイン導入をおすすめします。

この記事は、SWELLにオススメなプラグイン(1年以上使って便利だったもの)をお伝えします。

この記事を読めば、安全にサイトの運用ができるでしょう。

SWELL:推奨プラグインと非推奨・不要・注意すべきプラグイン
この記事を書いている人
この記事を書いている人
登場人物
この記事でわかること(もくじ)

プラグインとは? 【空気清浄機のようなもの】

プラグインとは?

プラグインとは、ワードプレスを便利にする道具です。

空気清浄機を購入するようなもの。購入することで、暮らしが便利になります。

プラグインは、ワードプレスの公式サイトからダウンロードできます。ワードプレス内からでも、ダウンロード可能です。

キャベツ太郎

本記事では、ワードプレス内からダウンロードする方法で、手順を解説していきます。

プラグインをワードプレス内からダウンロードする方法

プラグインインストール :手順1
プラグインインストール :手順1

プラグインは、ワードプレス内の左ナビから、ダウンロードします(画像①)。

画像参照

  1. 「プラグイン」をクリック
  2. 「新規追加」をクリック
プラグインインストール :手順2
プラグインインストール :手順2

画像参照

  1. 検索窓からプラグイン名を入力します。
  2. 「今すぐインストール」

プラグインは、ダウンロードしたら有効化します。

キャベツ太郎

有効化を忘れると意味がないので、必ず有効化されてるか確認しましょう。

不要プラグインは削除

SWELLは、高速化設計されてますので、不要プラグインは削除しましょう。

例えば、Async JavaScript(高速化)Scripts-To-Footer(高速化)は、SWELLでは不要です。

機能が重複するので、不具合の原因となります。

わたしが停止したプラグイン

  • Flying Scripts by WP Speed Matters(高速化)
  • Autoptimize(html、CSS、キャッシュ、高速化)
  • Table of Contents Plus(目次を自動生成)
  • Async JavaScript(高速化)
  • Scripts-To-Footer(高速化)

プラグインは最低限が鉄則です。

SWELLおすすめプラグイン11選【サイト速度100点】

SWELLおすすめプラグイン
SWELLおすすめプラグイン

わたしが、SWELLに入れているプラグインを紹介します。

11つのプラグインを導入してパフォーマンス100点とってます。

サイト速度100点

順番に解説します。

WPForms(WPフォームズ)

WPForms

WPFormsは、ブロックエディタで、問い合わせフォームが作れるプラグインです。

キャベツ太郎

SWELL開発者の了さんもおすすめしております。

SWELL:推奨プラグインと非推奨・不要・注意すべきプラグイン

導入するメリット

  • アフィリエイト審査に合格しやすい
  • 初心者でもセキュリティーの高いフォームが作れる
  • クリックでフォームが作れる

導入しないデメリット

  • 一部のアフィリエイト審査が通らない 
  • 外部からの連絡手段がないので、被リンク獲得が進まない
  • ユーザーの不信感が増える

WPFormsの設定方法は、以下記事に詳細をまとめております。

EWWW Image Optimizer(いーだぶだぶだぶいめーじおぷてぃまいざ)

EWWW Image Optimizer
EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは、画像最適化プラグインです。

プラグインを入れるだけで、ワードプレスに画像をアップするときに、自動で「リサイズ、圧縮」してくれます。

導入するメリット

  • サイト表示スピードが早くなる
  • WebP形式(うぇっぴー)に変換してくれる(2010年にGoogleが開発した次世代画像フォーマットでSEOに強い)
  • 画像リサイズ不要なので、時間を節約できる

導入しないデメリット

  • 1年後、サーバー圧迫
  • 画像をアップするたびにリサイズする手間
  • サイト表示の速度が遅くなり、SEOに不利になる

設定方法、最適化方法、メリット・デメリットは、以下記事にまとめております。

SEO SIMPLE PACK(えすいーおーしんぷるぱっく)

SEO SIMPLE PACK
SEO SIMPLE PACK

SEO SIMPLE PACKは、SEO対策プラグインです。

SWELLのSEO対策は「SEO SIMPLE PACK」だけでOK。SWELL開発者の了さんも推奨しております。

SWELL:推奨プラグインと非推奨・不要・注意すべきプラグイン

SEO SIMPLE PACKでできること

  1. メタタグ出力
  2. Googleアナリティクスの認証
  3. ウェブマスターツールの認証
  4. 構造化データの基本設定
  5. 高速化
  6. 広告コード入力

導入するメリット

  • アナリティクス、サーチコンソールの連携がラクになる
  • SWELLとの相性がよい(開発者がおすすめ)
  • インストールするだけでメタタグが設定される

導入しないデメリット

  • 技術的な作業が必要
  • 不具合が起こりやすい
  • SEO対策したつもりが逆効果になることも
STEP
プラグインをインストール
seo simple pack
seo simple pack
STEP
設定する

SEO SIMPLE PACKの設定は、手順8で解説しております。

SiteGuard WP Plugin(さいとがーどワードプレスプラグイン)

SiteGuard WPをインストール
SiteGuard WP

SiteGuard WP Pluginは、インストールするだけで、セキュリティ対策できるプラグインです。

ワードプレスは、脆弱性を突かれ、サイト乗取り、ウィルス感染しやすいです。

SiteGuard WP Pluginを入れることで、脅威に震えず、ブログ運営ができます。

SiteGuard WP Pluginでできること

  • 管理ページアクセス制限
  • ログインページ変更
  • 画像認証
  • ログイン詳細エラーメッセージの無効化
  • ログインロック
  • ログインアラート
  • フェールワンス
  • XMLRPC防御
  • ユーザー名漏えい防御
  • 10.更新通知
  • 11.ログイン履歴

SiteGuard WP Pluginのすごいところは、上記のような対策が無料できること。

文字認証
文字認証

例えば、上記画像のような「文字認証セキュリティ」も、1分で設置できます。

キャベツ太郎

ハッキリ言って、お金とれます。

導入するメリット

  • 安心してサイト運営できる
  • 設定不要
  • 無料で使える

導入しないデメリット

  • ハッカーによる脅威に震える
  • 情報漏えいリスク
  • ウィルス感染によるサイト閉鎖

SiteGuard WP Pluginの設定方法

SiteGuard WP Pluginの設定方法を、以下に記載します。

STEP
SiteGuard WP Pluginをインストール
SiteGuard WPをインストール
SiteGuard WPをインストール

まず、SiteGuard WPをインストールします。

STEP
設定画面
SiteGuard WP
SiteGuard WP

有効化すると、ワードプレスの左ナビに「SiteGuard WP」が表示されます。

SiteGuardWP-Pluginの設定
SiteGuardWP-Pluginの設定

SiteGuard WPをクリックすると、設定画面に遷移します。

ココがポイント

設定は、デフォルトで大丈夫です。

STEP
推奨設定

1つだけ、おすすめする設定があります。

それは、ログインページを変更を変更することです。

ログインページ変更
ログインページ変更

「①ログインページを変更」をクリックします。

ログインページ変更
ログインページ変更

「変更後のログインページ名」から、管理画面のURLを変更できます。

①のURLは任意でOK。数字や記号を入れて複雑にすると、より強固になるのでおすすめです。

Useful Blocks(ゆーずふるぶろっくす)

Useful Blocks
Useful Blocks

Useful Blocksは、SWELL開発者の了さんと、ぽんひろさんが開発したプラグインです。

このプラグインは、SWELLブロックの追加版のようなイメージ。

かゆいところに手が届くブロックが、利用できるようになります。

メリット
デメリット
伝えたいこと
ワンピース人気投票
ゾロ
50342人
ルフィ
33023人
ウルージ
12210人

サンプル

こんなシーンで使えます

  • Amazonの口コミをサクッとまとめたい
  • 商品の比較表を、手軽に作りたい
  • 競合サイトとの差別化で、図を多用していきたい

導入するメリット

  • メリット・デメリット記事を作成できる(比較ボックス)
  • ランキングコンテンツが作成できる(評価グラフ)
  • 口コミや感想をリスト表示できる(アイコンボックス)

導入しないデメリット

  • メリハリのない記事になる
  • 離脱率の高いサイトになる
  • 料金表作成で1日の作業が終わる

Useful Blocksの設定方法

Useful Blocksの設定方法を、以下に記載します。

STEP
Useful Blocksをインストール
Useful Blocksをインストール
Useful Blocksをインストール

ワードプレスから、Useful Blocksをインストールします。

STEP
設定
詳細設定は不可
詳細設定は不可

設定は不要です。

インストールしたら「 ブロック挿入ツール」に表示されてます。

初心者でも、簡単に利用できます。

websub/pubsubhubbub(ウェブサブ/パブサブハブバブ)

WebSub
WebSub

websub/pubsubhubbubは、記事作成したあとに、自動で、Googleにインデックスを促すプラグインです。

記事を作成後、毎回、サーチコンソールでインデックスリクエストする、面倒くさい作業から開放されます。

導入するメリット

  • サーチコンソールを開かなくてよい
  • 作業時間が増える
  • 自動なので、更新漏れがない

導入しないデメリット

  • 記事の作成が進まない
  • 検索順位があがりにくくなる懸念
  • アフィリエイトの収益化が遅れる

websub/pubsubhubbubの設定方法

websub/pubsubhubbubの設定方法を、以下に記載します。

STEP
ワードプレスからウェブサブ/パブサブハブバブをダウンロード
WebSub
WebSub

ワードプレス内で、websub/pubsubhubbubを検索します。

STEP
有効化
pubsubhubbub
pubsubhubbub

ワードプレスからインストールしたら有効化するだけ。

お疲れ様でした。

WP-Optimize(だぶりゅーぴーおぷてぃまいざ)

WP-Optimize
WP-Optimize

WP-Optimizeは、ワードプレスのデータベースを、自動で最適化してくれるプラグインです。

キャベツ太郎

なんだかサイト重いなあ…

こんな時、WP-Optimizeを入れて最適化してあげると、解消されるケースあります。

WP-Optimizeは、ボタン一つで、古いリビジョン(修正、履歴)を削除できるので、ブログ初心者でもデータベースの軽量化ができます。

おくさん

必要な記事は、削除されないの?

WP-Optimizeは、以下を最適化するので、掲載している記事、削除されません。

WP-Optimizeで自動最適化してくれること

  • データベースの最適化
  • 不要と思われるデータベースの削除
  • 投稿リビジョンの削除
  • DB内の自動下書き投稿の削除
  • スパムとゴミ箱、未承認コメントの削除
  • 期限切れtransientオプションの削除
  • ピンバック、トラックバックの削除
  • 各種メタデータのクリーン
  • 画像圧縮
  • キャッシュ設定
  • CSS、JAVA、HTMLの縮小化

WP-Optimizeの設定方法

WP-Optimizeの設定方法を、以下に記載します。

STEP
インストール
WP-Optimizeインストール
WP-Optimizeインストール
STEP
設定する
設定
設定

インストール後、特に設定すべきことはございません。

好みに合わせて調整ください。

最適化
最適化

最適化方法は「最適化」タブのチェックを入れて「選択した全ての最適化を実行する」をクリックするだけ。

完了
完了

「最適化完了」と表示されます。

月に1回実施するだけで、表示速度が変わるので、定期的なクリーニングをおすすめします。

導入するメリット

  • サーバーの負担を軽くする
  • サイト表示速度が上がる
  • TESTMYSITE(テストマイサイト)で高得点を獲得

導入しないデメリット

  • サーバーの圧迫
  • SEOがあがりにくい
  • サイト表示速度が遅くなる

Yoast Duplicate Post(ヨーストデュプリケートポスト)

 Yoast Duplicate Post
Yoast Duplicate Post

「Yoast Duplicate Post」は、ワードプレスの記事を、ワンクリックで「複製」するプラグインです。

キャベツ太郎

カスタムフィールドまで、まるっとコピーできます。

導入するメリット

  • 1パーツ1パーツ、記事をコピーしなくてよい
  • 同じ内容のLPを量産できる(リスティング広告で利用する場合)
  • デザインが似ているページを、サクッと作れる

導入しないデメリット

  • 記事をポチポチコピーする手間
  • 記事の作成が進まない
  • 残業時間が増える

Yoast Duplicate Postの設定方法

Yoast Duplicate Postの設定方法を、以下に記載します。

STEP
ワードプレスから Yoast Duplicate Postをインストール
Yoast Duplicate Postインストール
Yoast Duplicate Postインストール

ワードプレスから、Yoast Duplicate Postをインストールします。

STEP
有効化
Yoast Duplicate Post
Yoast Duplicate Post

Yoast Duplicate Postを有効化するだけでOK。

複製:表示される
複製:表示される

上記の画像とおり、複製が表示されます。

XML-Sitemaps(えっくすえむえるさいとまっぷ)

XML-Sitemaps
XML-Sitemaps

XML-Sitemapsは、サイトマップを自動生成してくれるプラグインです。

インストールするだけなので、作業工数かかりません。

ちなみに「サイトマップ」は、2種類あります。

サイトマップの種類

  • HTMLサイトマップ
  • XMLサイトマップ

HTMLサイトマップは、人間やクローラーがサイト構成を理解するために作れられます。
XMLサイトマップは、Googleロボットがサイト構成を理解するために作れれます。

XML-Sitemapsは、検索エンジン(Googleロボット)用のサイトマップです。

検索エンジンは、人間の言葉を理解できません。なので検索エンジンにもわかる「言葉」で伝える必要があります。

XML-Sitemapsは、このファイルを、自動で生成してくれる、便利なプラグインです。

導入するメリット

  • Googleロボットに 自分のサイトを認識させやすい
  • Googleが、新規ページを認識しやすい
  • SEOに有利に働く

導入しないデメリット

  • 3ヶ月たってもインデックスされない
  • SEO順位があがらない
  • 1年たってもブログで稼げない

XML-Sitemapsの設定方法

XML-Sitemapsの設定方法を、以下に記載します。

STEP
XML-Sitemapsをインストール
XML-Sitemaps
XML-Sitemaps

ワードプレスから、プラグイン「XML-Sitemaps」をインストールします。

STEP
有効化
XML Sitemaps有効可
XML Sitemaps有効可

XML-Sitemapsは、有効化すればOKです。

プラグインが、自動でファイルを生成、更新続けます。

PS Auto Sitemap(ぴーえすおーとサイトマップ)

PS Auto Sitemapは、人間用のサイトマップです。

サイトマップの種類

  • HTMLサイトマップ(人間用)
  • XMLサイトマップ(Googleロボット用)

XML-Sitemapsを導入することで、Webサイトのユーザビリティ、クローラビリティが向上(SEO最適化)します。

ココがポイント

ブログで収益化を目指す人には必須プラグインです。

導入方法は、以下記事で解説しております。

COPIA(コピア)+Rinker(リンカー)

created by Rinker
¥1,738 (2022/10/04 16:45:52時点 Amazon調べ-詳細)

COPIA(コピア)+Rinker(リンカー)のサンプル

このプライグインは、物販で稼ぎたい人は必須のプラグインです。

Rinker(リンカー)とは、上記サンプルが、5秒で作成できるプラグインです。

COPIA(コピア)は、リンカーに「Amazon・楽天・Yahoo!ショッピング」のセール・キャンペーン情報を表示するプラグインです。

Amazonアソシエイトで注文数増加

コピアを使えば、マイクロコピーが設定できます。

Amazomや楽天のセール期間だけ、マイクロコピーが表示されるので、コンバージョン率が右肩上がりです。

設定方法は、以下記事で解説しております。

まとめ【SWELLにおすすめなプラグイン】

まとめ:サイト速度100点

まとめです。

今回は、SWELLにおすすめなプラグイン、というテーマで記事を書きました。

わたしが実際に導入しているプラグインは、以下11つです。

キャベツ太郎

上記プラグインを使ったことで、こんな効果がありました。

  • ハッキングやウィルス感染なし
  • パフォーマンス100点
  • 1年以内に5ケタ稼ぐ

今回紹介したプラグインは、すべて無料で使えます。

また、使用を始めてから、1年以上経過しておりますが、不具合もございません。

SWELLとコノハウィングで、安全に利用できるので、ご安心ください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事でわかること(もくじ)