当サイト限定1,000円クーポン(コノハウィング)

SWELLでメール設定する方法【WPForms】reCAPTCHA v2v3対応

プロモーションが含まれる場合があります
recaptcha-wpform
  • URLをコピーしました!
質問

SWELLでメールを設置したいです。プラグインは何がおすすめ?

ブログにメールフォームがないと、アフィリエイトの審査が通りにくいので、設置をおすすめします。

でも、メールの設定って、なんだか難しそうですよね。

そこでオススメなのが、プラグインWPForms(ダブリューピーフォームズ)。マウス操作だけで設置できので、パソコン苦手でも安心です。

WPFormsとreCAPTCHAは、ずっと無料で使えます。面倒な更新作業もありません。

やたろう

SWELLは、WPFormsのプラグイン導入を推奨しております。セキュリティーに強いのでおすすめです。

この記事を読んでいただくことで、サイト乗取りや、スパムからサイトを守ることができます。

SWELL推奨プラグインを見る

そこでこの記事は、SWELLで「WPForms」を設置する手順をご紹介します。

この記事を読めば、アフィリエイト審査に最短で合格できるでしょう。

この記事を書いている人
プロフィール
筆者のプロフィール画像
やたろう
  • ConoHaWINGユーザー4年目
  • SWELLユーザー3年目
  • SEO検定一級合格
  • 月収6ケタ(プラチナランク)
  • 某ASPの社員
A8プラチナ会員
A8:プラチナ会員

スクロール&拡大できます

SEO検定1級
SEO検定1級
登場人物
登場人物
SWELLロゴ

クリックだけで美しいサイトに

ブログのハードルが低くなるので、忙しいサラリーマンでも楽しく稼げます。

記事でわかること(もくじ)

【事前準備】WPFormsをインストール、Googleアカウントを用意

WPFormsとreCAPTCHAを連携することで、より安全にフォームが使える

WPForms(だぶりゅーぴーふぉーむず)を安全に使うために、reCAPTCHA(リキャプチャ)が必須です。

なぜなら、WPFormsは設置は簡単ですが、セキュリティー対策がないからです。

reCAPTCHAは、Googleが無料で提供しているセキュリティーツールです。

やたろう

どちらも完全無料です。

WPFormsとreCAPTCHAを連動させることでセキュリティーの高いフォームが実現できます。

ユーザビリティーにも関わるので、必ずreCAPTCHAも設定してください。

事前準備は以下2ステップです。

STEP
プラグイン「WPForms」をインストール

インストールして有効化しておきます。

STEP
サイト「Google reCAPTCHA」でWebサイト登録とAPIキーを取得

reCAPTCHA(リキャプチャ)を使うには、Googleアカウントが必要です。サイト「Google reCAPTCHA」から、Webサイト登録とAPIキーの取得をします

詳細を解説します。

プラグイン「WPForms」をインストール

プラグインダウンロード
プラグイン

WPFormsとは、問い合わせフォームが作れるプラグインです。

インストールして有効化、管理画面からドラックするだけで、問い合わせフォームが作成できます。

wpforms新規追加
wpforms新規追加

まず、ワードプレスのプラグインから「新規追加」をクリックします(上画像赤枠)

検索画面で「WPForms」を検索。
wpforms

検索画面で「WPForms」を検索。

ダウンロードできたら有効化します。

サイト「Google reCAPTCHA」でWebサイト登録とAPIキーを取得

reCAPTCHA(リキャプチャ)を利用するためには、Googleアカウントが必要です。アカウントを作成して、サイト「Google reCAPTCHA」にログインします。

サイト「Google reCAPTCHA」でWebサイト登録とAPI取得(reCAPTCHA v2、reCAPTCHA v3どちらか)できます。

「reCAPTCHA v2」と「reCAPTCHA v3」の違い

reCAPTCHA歴史
reCAPTCHA歴史

2024年6月時点で最新版となるのは「reCAPTCHA V3」です。

「reCAPTCHA v2」と「reCAPTCHA v3」の大きな違いは、怪しいリクエストを通すかどうかという点です。

reCAPTCHA v3v2の違い

v3には、画像認証を出す機能はありません。人間だろうがボットだろうが、全てのリクエストを素通しにします。

その代わりに、リクエストに対して「人間らしさ」のスコアを設定します。そのため、怪しいと感知したら、人間に対してもセキュリティーが働き、排除します。

reCAPTCHA v3は、ユーザーに何らかのアクションを求めることはありません。つまり、煩わしい画像認証や、チェックボックスへのチェックなどは一切必要ないです。

やたろう

ユーザビリティにこだわりたいならv3がおすすめ。

v2は、送信前に画像認証を出して判別します。「わたしはロボットではありません」に、チェックマークをつける機能です。見たことありますよね?

「reCAPTCHA v2」は、画像認証が入り面倒くさいと感じさせてしまうデメリットがありますが、セキュリティーは強いです。

やたろう

セキュリティーにこだわりたいならv2がおすすめ。

ブログフォームのみ、reCAPTCHAを使う場合は、v2が推奨されています。

reCAPTCHA v2 invisible

ちなみに、reCAPTCHA v2には、「invisible」版もあります。reCAPTCHA v2から「私はロボットではありません」のチェックボックスをなくしたバージョンです。

reCAPTCHA v2 invisibleは、invisible(目に見えない)という名前の通り、ユーザーに「reCAPTCHAがあるな」と意識させない作りになっています。

reCAPTCHA v2のアルゴリズムが、「このユーザーはbotではない」と判断すれば、ユーザーには何もそのままフォーム送信できます。

reCAPTCHA v3でメールを設定する手順【WPFormsと連携】

WPFormsを導入

WPFormsを導入

WPFormsとreCAPTCHA v3を連動して、SWELLにメールを設定する手順をご紹介します。

  • サイト「Google reCAPTCHA」からWebサイト登録と「reCAPTCHAv3のAPIキー」を取得する
  • WPFormsとreCAPTCHAを連動させてフォームを作る

それぞれ解説します。

サイト「Google reCAPTCHA」からWebサイト登録とreCAPTCHAv3のAPIキーの取得する

Googleアカウントのログインした状態で、reCAPTCHAのトップページへ。

reCAPTCHA(リキャプチャ)

ReCAPTCHAトップページ
ReCAPTCHAトップページ

reCAPTCHAトップに移動します。画像赤枠①の「v3管理コンソール」をクリック。

 ReCAPTCHA「作成」
ReCAPTCHA「作成」

画像赤枠「+作成」をクリック。

自分のサイトを登録する
自分のサイトを登録する

Amazonのアカウント作成のようなもので、サイトを管理するマイページを作成します。

  1. ラベルにサイトURLをペースト
  2. reCAPTCHA v3を選択
  3. ドメイン入力
  4. オーナー(自分で管理できるメールアドレスを入力)
新しいプロジェクト作成
新しいプロジェクト作成

新しいプロジェクト作成します。

プロジェクトとは「作業BOX」のようなものです。

オーナー設定
オーナー設定

オーナー設定で、利用規約に同意します。

  1. reCAPTCHAの利用規約に同意します
  2. アラートをオーナーに送信する
  3. 送信
キーを発行
キーを発行

2つのキーを発行します。

ダウンロードしたプラグイン「WPForms」とreCAPTCHAを、連動させるためのキーです。

コピーしてください。

やたろう

サイト「Google reCAPTCHA」のマイページからいつでも確認できます。

  1. 登録したURLを確認
  2. サイトキーをコピー
  3. シークレットキーをコピー
  4. 設定に移動

WPFormsとreCAPTCHAv3を連動させてフォームを作る

WPFormsフォーム新規追加
WPFormsフォーム新規追加

WPFormsとreCAPTCHA v3を連動させて、フォームを作成します。

  1. WPForms
  2. 新規追加フォーム
空白のフォームを作成する
空白のフォームを作成する

WPFormsでフォームを作成する方法は、2通りあります。

  1. 空からフォーム作る
  2. テンプレートを利用する

おすすめは、空からフォームを作る方法です。

なぜなら、テンプレートは、余計な機能が多いからです。

ブログは、名前、メールアドレス、お問い合わせ内容があれば十分です。

ここでは「空白のフォームを作成する」手順を記載します。

  1. セットアップ
  2. フォームの名前を付ける(任意)
  3. 空白のフォームを作成する
reCAPTCHA設定
reCAPTCHA設定

まず、reCAPTCHA v3をwpformsに反映します。

ReCAPTCHA反映
ReCAPTCHA v3を反映

①ReCAPTCHA v3をクリックします。

キーを追加
キーを追加

サイト「Google reCAPTCHA」でコピーしたキーを、WPFormsに連携します。

  1. reCAPTCHA v3
  2. サイトキーをペースト
  3. シークレットキーをペースト
  4. 設定を保存
reCAPTCHA設定完了
reCAPTCHA設定完了

「設定が正常に保存されました」が表示されたら、紐付け完了です。

標準フィールド作成
標準フィールド作成

WPFormsに戻り、必要項目をドラックします。

コンタクトフォーム
名前、メール、問い合わせ内容ドラック

最低限必要な項目は、以下3つです。

  1. 名前
  2. メール
  3. お問い合わせ内容
やたろう

フォームはシンプルが良いので、「上記3項目だけ」がおすすめです。

③の「お問い合わせ内容」の表記は、ラベルフィールドで変更できます。

reCAPTCHA反映確認
reCAPTCHA反映確認

画像①の「reCAPTCHA」をフォーム項目へドラックすれば、reCAPTCHAが反映されます。

  1. reCAPTCHA をクリック
  2. 右上に reCAPTCHA マークが表示されているか
  3. 保存
  4. プレビュー

保存して、プレビュー画面を確認表示します。

プレビュー
プレビュー

フォームに、reCAPTCHAマークが表示されてればOKです。

最後に、ワードプレスの固定ページに、WPFormsを設置します。

新規追加、既存追加
新規追加、既存追加

ワードプレスの固定ページに、WPFormsを反映させる方法は、2つあります。

  1. 固定ページに新規追加する方法
  2. 既存固定ページに埋め込む方

新規ページへ作りたい場合、「新規ページを作成」ボタンをクリックします。

固定ページへ新規追加
固定ページへ新規追加

「新規ページを作成」ボタンをクリックするだけで、新規固定ページが作成され、フォームが反映されます。

やたろう

初めてフォームを作る場合、この方法がもっともラクです。

わたしは、過去に「Contact Form 7」でフォームを作ってあったので、「既存のページを選択」で進めます。

既存追加(ページに埋め込む)
既存追加(ページに埋め込む)

「既存のページを選択」 すると、埋め込みたい固定ページが、プルダウンメニューで選択できます。

既存ページ埋め込み方法
既存ページ埋め込み方法

固定ページを選択すると、固定ページに遷移(せんい)します。

  1. 固定ページに左上「+」をクリック
  2. 検索ボックス「WPForms」で検索

 ブロック挿入ツールから、プラグイン「WPForms」を呼び出します。

フォームを選択
フォームを選択

WPForms内で作ったフォームを選択します

保存してプレビュー。固定ページに、フォームが反映されているか確認します。

プレビュー
プレビュー
  1. 既存の固定ページに反映されてていること、確認できました
  2. 「reCAPTCHA v3」も表示されてます
  3. メールアドレスが送信できるかチェックします
送信成功
送信成功

固定ページにWPFormsを反映させたところ、送信成功しました。メールが届いているかも確認します。

メールが届いているか
メールが届く

固定ページからテストしたメールが、無事届いておりました。

これでreCAPTCHA v3の設定は終了です。

お疲れ様でした。

reCAPTCHA v2でメールを設定する手順【WPFormsと連携】

Google reCAPTCHA v2 ログイン画面

reCAPTCHA v3でメールを設定する手順は、v3とほとんど同じです。

  • サイト「Google reCAPTCHA」からWebサイト登録と「reCAPTCHA v2のAPIキー」の取得する
  • WPFormsとreCAPTCHA v2を連動させてフォームを作る

サイト「Google reCAPTCHA」からWebサイト登録とreCAPTCHAv2のAPIキーの取得する

Googleアカウントのログインした状態で、サイト「Google reCAPTCHA」へ。

reCAPTCHA(リキャプチャ)

Google reCAPTCHA v2 「+」をクリック

Google reCAPTCHA v2 「+」をクリック

サイトを登録します。

チェレンジV2を選択

ラベル(サイト名で良いです)チェレンジV2(reCAPTCHA v2のこと)を選択します。

「非表示reCAPTCHAバッジ」はreCAPTCHA v2 invisibleのことです。

「サイトキー」「シークレットキー」をコピー

「サイトキー」「シークレットキー」をコピーします。

やたろう

WPFormsとの連携で使います。

WPFormsとreCAPTCHA v2を連動させてフォームを作る

空白のフォームを作成する
空白のフォームを作成する

WPFormsにもどり、空白のフォームを作成します。

reCAPTCHA設定
reCAPTCHA設定

WordPress管理画面「WPFoms」をからreCAPTCHA設定をクリック。

「Checkbox reCAPTCHA v2」を選択肢て、サイトキー、シークレットキーを入力

①「Checkbox reCAPTCHA v2」を選択肢、コピーしておいたサイトキー、シークレットキーを入力して保存。

reCAPTCHA設定完了
reCAPTCHA設定完了

reCAPTCHA v2とWPFormsの連携が完了しました。

標準フィールド作成
標準フィールド作成

WPFormsに戻り、必要項目をドラックします。

コンタクトフォーム
名前、メール、問い合わせ内容ドラック

最低限必要な項目は、以下3つ。

  1. 名前
  2. メール
  3. お問い合わせ内容
やたろう

ユーザーに負担をかけないよう、フォームはシンプルが良いです。

③の「お問い合わせ内容」の表記は、ラベルフィールドで変更できます。

reCAPTCHA反映確認
reCAPTCHA反映確認

reCAPTCHA v2を反映します。画像①の「reCAPTCHA」をフォーム項目へドラックすれば反映されます。

  1. reCAPTCHA をクリック
  2. 右上に reCAPTCHA マークが表示されているか
  3. 保存
  4. プレビュー
新規追加、既存追加
新規追加、既存追加

フォームは、既存ページにも設置できます。新規作成も可能です。

新規追加、既存追加
新規追加、既存追加

ワードプレスの固定ページに、WPFormsを反映させる方法は、2つあります。

  1. 固定ページに新規追加する方法
  2. 既存固定ページに埋め込む方

新規ページへ作りたい場合、「新規ページを作成」ボタンをクリックします。

固定ページへ新規追加
固定ページへ新規追加

「新規ページを作成」ボタンをクリックするだけで、固定ページに反映されてました。

やたろう

初めてブログにフォームを設定する場合、新規作成がおすすめ。

わたしは、過去に「Contact Form 7」でフォームを作ってあったので、「既存のページを選択」を再利用しました。

既存追加(ページに埋め込む)
既存追加(ページに埋め込む)

「既存のページを選択」 すると、埋め込みたい固定ページがプルダウンメニューで選択できます。

既存ページ埋め込み方法
既存ページ埋め込み方法

固定ページを選択すると、固定ページに遷移(せんい)します。

  1. 固定ページに左上「+」をクリック
  2. 検索ボックス「WPForms」で検索

 ブロックエディタで、WPFormsを呼び出します。

フォームを選択
フォームを選択

WPFormsで作成したフォームを選択。

保存してプレビュー。フォームが反映されているか確認します。

プレビュー
送信成功
  1. 既存の固定ページに反映されてていること、確認できました
  2. 「reCAPTCHA v2」の画像認証も表示されてます
  3. メールアドレスが送信できるかチェックします

v2の設定は以上です。お疲れさまでした。

WPFormsとreCAPTCHAで安全にブログができる【まとめ】

まとめ
まとめ

まとめです。

WPFormsとreCAPTCHAを使えば、HTMLやCSSを知らなくても、簡単にメール設定ができます。

ココがポイント

WPFormsは、SWELL開発者の了さんも推奨しているメールプラグインです。

WPFormsとreCAPTCHAでフォームを設置することで、以下メリットを得られます。

  • サイト乗取りや、スパム対策
  • サイト閉鎖リスクの軽減
  • アフィリエイト審査に通りやすい

WPFormsとreCAPTCHAは、ずっと無料で使えます。面倒な更新作業もありません。0円でウィルスやスパムの脅威がなくなるので、入れない理由はないですよね?

めんどくさいと感じても一度だけです。必ず設置することをオススメします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
記事でわかること(もくじ)