手順7:SWELLをインストールする手順【親・子テーマの使い方】

conoha-swell-install

この記事は「開設手順6」の続きです。

初めてのワードプレスインストール。エラーが起きないか不安ですよね。

コノハウィングは簡単セットアップという機能があるので、SWELL導入も簡単です。

そこでこの記事は、コノハウィングにSWELLをセットする手順をお伝えします。

キャベツ太郎

ConoHaWING(コノハウィング)歴3年目の筆者が、画像を使ってわかりやすくお伝えします。

この記事を読むことで、5分でSWELLをインストールできます。

この記事を書いている人
この記事を書いている人
登場人物

\サクサク動く/

パフォーマンス100点

無料サポートあり/

クリックすると公式HPに移動します

この記事でわかること(もくじ)

SWELLをインストールする3ステップ【購入したあと】

SWELLをインストールする手順
SWELLをインストールする手順

SWELLをインストールする手順は、3ステップで完了します。

コノハウィングには、簡単インストールがあるので、SWELLもラクに設定できます。

STEP1:親テーマと子テーマ(SWELL)を用意する

親テーマ 子テーマ
親テーマ 子テーマ

まず、「swell_child(子テーマ)」「swell-2-5-11(親テーマ)」をダウンロードしておきます。

まだ、SWELLを購入していない方はこちら。

インストールする手順は、こちらをご確認ください。

STEP2:簡単インストール

コノハウィングの「簡単インストール」を使って、SWELLをインストールします。

コノハウィングの管理画面にログインします。

コノハウィング サイト設定
コノハウィング サイト設定

画像を参考に、①~④を、順番にクリックします。

  1. サイト管理
  2. サイト設定
  3. WordPress
  4. 「Wordpress」ボタン

④をクリックすると、「簡単インストール」画面が移ります。

簡単インストール
簡単インストール

上記画像は、簡単インストールの画面です。

①~⑤を任意で入力します。

③ユーザー名④パスワードは、ワードプレス管理画面のログインで使用します。

ココがポイント

ワードプレスのユーザー名とパスワードは、必ずメモしておきましょう。

メモをしたら保存をクリックします。

簡単セットアップ完了画面
簡単セットアップ完了画面

上記画像が表示されたら、簡単セットアップは完了しています。

画像内の①~④を設定します。

簡単セットアップの設定(上記画像を参照)

  1. ワードプレスの管理画面URLをコピーしておきます。
  2. SSLを有効にします。
  3. コノハウィングとSWELLを連携させるプラグイン。インストールをオススメします。
  4. コノハウィングの自動キャッシュプラグイン。コノハウィングとSWELLのキャッシュは別なので、インストールをオススメ。

この時点では、SWELLはまだインストールされてません。

SWELLテーマは、ワードプレスの管理画面からインストールします。

STEP3: 親テーマ、子テーマをインストール

ワードプレスログイン
ワードプレスログイン

ここまで来たらあと少しです。

ワードプレスからSWELLをインストールします。

簡単セットアップの設定」でコピーした「管理画面URL」を、アドレスバーにペースト。

同じく「簡単セットアップの設定」でコピーした、③④「コノハウィングのIDとパスワード」を入力、ワードプレス管理画面にログインします。

ワードプレス管理画面トップ
ワードプレス管理画面トップ

画像①「サイト名」をクリックします。

すると、サイトのトップページが表示されます。

まだSWELLインストールされていない
まだSWELLインストールされていない

トップページを表示した理由は、SSLが反映されているか確認するため。

画像の赤枠「この接続は保護されてます」になっていれば、SSLが反映されています。

コノハウィングのSSLの設定については、以下記事をご参考ください。

SSLが無事に反映されていたら、ワードプレス管理画面に戻り、SWELLをインストールします。

画像①「外観」をクリック

画像②「+マーク」をクリックします。

デスクトップにインストールしてある①「親テーマ」②「子テーマ」を順番にアップロードします。

  1. 画像①「外観」をクリック。
  2. 画像②「テーマのアップロード」
  3. 画像③「ファイルを選択」から「親テーマ」をインストールします。
  4. 画像④「今すぐインストール」をクリック。

「子テーマ」も同様にインストールします。(①~④を繰り返します)

親テーマと子テーマをインストールできたら、子テーマ(SWELL CHILD)を有効化します。

サイトのトップが、「さぁ、始めよう。」と表示されていればOK。

SWELLがインストールされている証拠です。

お疲れ様でした。

手順8では、SWELLのオススメ設定をお伝えします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


この記事でわかること(もくじ)