29項目で比較:どれがお得?Xserver・ConoHaWING・mixhost

3com-comparison

コノハウィング・エックスサーバー・ミックスホスト、どれがおすすめですか?その理由も教えていただけるとありがたいです。

ブログを始めるとき、まず悩むことは「レンタルサーバー選び」です。

たくさんあるレンタルサーバー。最終的にエックスサーバー、コノハウィング、ミックスホストに絞る人は、とっても多いです。

でも、3社とも、同じようなスペックで、どこにするか、迷いますよね。

そこでこの記事は「エックスサーバー、コノハウィング、ミックスホスト」のサービス内容を、徹底比較をします。

この記事を読めば、自分にあうレンタルサーバーが選べます。

結果、1年後、レンタルサーバーを乗り換える手間がなくなります。

この記事を書いている人
この記事を書いている人
登場人物

2022年10月1日の情報です。

この記事でわかること(もくじ)

【まずは結論】譲れない条件を定義する

これは譲れない!優先順位をつける
これは譲れない!優先順位をつける

結論、Xserver・ConoHaWING・mixhostで悩んでいる人は「譲れない条件」を1つ定義しましょう。

なぜなら、3社のスペックに大きな差がないからです。

引越し先と同じで、譲れない条件を定義することで、後悔しません。

例:「広いお風呂」「家賃10万以下」

キャベツ太郎

レンタルサーバーで「譲れない条件」を例えると、こんな感じです。

譲れない条件

  • 費用を安くしたい
  • サポートが手厚い会社
  • セキュリティーがしっかりしている
キャベツ太郎

わたしは、費用を安くしたかったので、コノハウィングを選びました。

どれがお得?29項目でサービスを比較【Xserver・ConoHaWING・mixhost】

3社:28項目のサービス内容を比較
3社:29項目のサービス内容を比較

優先順位が見つかるよう、3社のサービス内容を29項目で比較しました。

キャベツ太郎

PHPのバージョンや、htaccessなど、専門知識の比較は、対象外です。

優先したい項目が多いレンタルサーバーが、おすすめです。

エックスサーバーConoHa WINGミックスホスト
検証プランスタンダードベーシックスタンダード
運営歴(キャベツ太郎)5年3年5年
創業2003年2018年2016年
利用者220万件(サイト数)49万人以上20万以上
初期費用3,300円0円0円
月額料金(1年契約)1,100円911円990円
お試し期間10日間30日30日
アダルトサイト××
支払方法クレジットカード
銀行振込
コンビニ決済
Pay-easy
クレジットカード
ConoHaチャージ
ConoHaカード
クレジットカード
銀行振込
PayPal
使用ディスクSSDSSDSSD
ディスク容量300GB300GB300GB
メモリー8GB8GB8GB
転送量目安無制限無制限無制限
高速化ソリューションWEXAL(無料)Xアクセラレータ(無料)LiteSpeed Cache(無料)
キャッシュ機能ありありあり
自動DBバックアップ14日分14日分30日分
無料ドメイン1ドメイン2ドメイン1ドメイン
マルチドメイン無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限
MySQL(DB作成)無制限無制限無制限
無料SSL
アンチウィルス
スパムフィルター
メール暗号化
WAF(脆弱性を悪用した攻撃の対策)
IDS(侵入検知システム)×
IPS(不正侵入防止システム)
ワードプレス簡単インストール
サポート電話、メール電話、チャット、メール電話、メール
友達紹介制度契約期間が2ヶ月延長2,000円クーポンなし
ワードプレステーマ割引なしSANGO
JIN
THE SONIC
なし
3社を徹底比較(個人調査)

3社とも、スペックに、大きな差はありませんね。正直、どれを選んでもブログは成功するでしょう。

ですので、レンタルサーバー選びで重要なことは「自分は何を優先するべきか」です。

以降、初心者がレンタルサーバー選びで「失敗しないポイント」を詳しくお伝えします。

レンタルサーバーの選び方【ブログ初心者が見るべき9ポイント】

ポイント

優先すべきこと自体、わかってないのですが…

優先順位すらわからない人もいると思います。

ですので、Web業界勤務10年以上の経験を活かして「初心者がレンタルサーバーを選ぶコツ」をまとめてみました。

ちなみに、わたしはコノハウィングで、ブログ運用歴してまして、3年目です。

キャベツ太郎

エックスサーバーとミックスホストは、5年以上使ってます。

  1. 料金の安さ
  2. 友達紹介制度がある
  3. ページ表示速度が速いか
  4. 簡単インストール機能があるか
  5. 自動バックアップ機能があるか
  6. チャットサポートがあるか
  7. マルチドメイン対応か
  8. セキュリティー機能が備わってるか
  9. SSLは無料で使えるか

順番に解説します。

料金の安さ

初心者がレンタルサーバーを選ぶ際に重視すること。

1つめのポイントは、価格です。

ブログ運営は、毎年(毎月)費用が発生するので、安いに越したことはありません。

費用(わたしの例)

  • レンタルサーバー(1万/年)
  • ドメイン(5,000円/年)
  • ワードプレステーマ(17,600円/初期)
  • ノートパソコン(10万/初期)
  • 検索順位チェックツール(5,000円/年)

わたしは、個人ブログを7つ運営してます。年間で、3万円ほどかかっております。

キャベツ太郎

素材サイト、ツール利用が増えると、5万円以上はかかるでしょう。

安ければ安いほど、お財布にやさしいので、払える範囲のレンタルサーバーを選びましょう。

ともだちを紹介する制度がある

2つ目は「紹介制度」があるレンタルサーバーはおすすめです。

なぜなら、安くブログ運営ができるから。

紹介制度は、ともだちに(誰でも可能)レンタルサーバーを紹介して、お申し込みがあった場合、双方にクーポンが与えられる仕組み。

紹介方法は、知り合いにメールする形でも、記事を書いてCTAボタンを設置するのもよし。

クーポンURL経由で、申し込んでもらうことが必要です。

キャベツ太郎

コノハウィングには、ともだち紹介制度があります。

コノハウィング1年目から、30万円分のクーポンを獲得することができました。

コノハウィングの友達紹介クーポンは、サーバー費用、ドメイン代で使えます。

キャベツ太郎

毎年、コノハウィングはクーポン払いです。レンタルサーバー代は0円です。

ページ表示速度が速いか

3つ目のポイントは、ページ表示速度です。

なぜなら、表示速度が遅いと離脱されるからです。

Googleが発表した数値では、ページ表示速度が、1秒から3秒になると「32%のユーザーが離脱する」との結果が出ています。

キャベツ太郎

ページの表示が遅いと、ユーザーは、イライラして、閉じるかブラウザバックします。

離脱率が高くなると、SEOでは減点対象です。いつまでたってもGoogle検索で1ページ目に入れません。

つまりページ表示速度は「月10万稼げるか、3年たっても収益0円か」決まるといっても過言ではありません。

おくさん

ページ速度が速いレンタルサーバーの基準は、どうすればわかるの?

ブログ初心者の場合、以下4点押さえればOKです。

  • SSDを使っているか
  • ディスク容量は300GBあるか
  • メモリーは8Gあるか
  • キャッシュ機能はついているか

ワードプレステーマ「SWELL」を使えば、サイト表示速度はかなり早くなります。

簡単インストール機能があるか

4つ目のポイントは、ワードプレスの「簡単インストール機能」があるか、です。

簡単インストール機能とは、クリックでワードプレスが開始できる機能です。

簡単インストールがないレンタルサーバーは、自分でワードプレスを構築する必要があるため、時間がかかり、ブログで挫折する要因となります。

自動バックアップ機能があるか

5つ目のポイントは、自動バックアップ機能があるか、です。

自動バックアップとは、ワードプレスのバックアップを、自動作成してくれる機能です。

ワードプレスは、アップデートが多いので、サイトが崩れたり、表示できなくなるエラーが発生します。

キャベツ太郎

私も過去に、ページが真っ白になってしまい、サイト閉鎖したことがあります。

自動バックアップがあれば、トラブルが起きても、レンタルサーバーの管理画面から、もとに戻せます。

自動バックアップはこんなシーンで役立ちます

  • ハッキングされてデータが飛んだ
  • 間違えてファイルを消してしまった
  • サイトが表示されなくなった

チャットサポートがあるか

6つめのポイントは、チャットサポートがあるか、です。

チャットがあると、問題をすぐに解決できるからです。

ブログの挫折率は9割以上。

とくにレンタルサーバーを借りて、ワードプレスを導入するまでが鬼門と言われています。

レンタルサーバーのサポートは、神様のような存在です。

なぜなら、ワードプレス導入までサポートしてくれるからです。

キャベツ太郎

電話は混んでいることが多くイライラするので、チャットがあると便利です。

例えば、とある企業に電話して、10分以上待たされた経験ありませんか?

「なんでこっちが通話料負担すんだよ!!はよでろや」って怒った経験あると思います。

緊急のエラーの場合、一刻も早く解決したいですよね。

ですので、素早く連絡が取れるチャット機能があるレンタルサーバーがおすすめです。

マルチドメイン対応か

7つ目のポイントは、マルチドメイン対応か、です。

マルチドメイン未対応の場合、1つのレンタルサーバーで、2つ以上のサイトを運営できないからです。

例えば、新しく趣味サイトを作ろうと思ったとき、別途レンタルサーバーを借りる必要があります。

キャベツ太郎

またレンタルサーバーを借りるのかい…めんどくさ…

なので、マルチドメインは「無制限」のレンタルサーバーを選びましょう。

データベース数の無制限もチェック

マルチドメインだけでなく、「データベース数が無制限か」もチェックしておきましょう。

ワードプレスでサイトを作るときは、サイト1つにつき、1つのデータベースが必要です。

マルチドメインが無制限であっても、データベース数が1つであれば、1つのサイトしか作れません。


セキュリティー機能が備わってるか

8つ目のポイントは、強固なセキュリティー機能が備わってるか、です。

セキュリティーが弱いと、ハッキングやウィルス感染するからです。

私は、コノハウィングの前に使っていた○○サーバーで、ハッキングされた経験があります。

わたし以外、ワードプレスにログインできない設定にしていたのに、海外ユーザーが不正ログインしてきました。

復旧まで、めちゃくちゃ時間かかったし、恐怖と心配で、その日は、仕事が手につかませんでした。

キャベツ太郎

苦労して作ったサイトが消えてしまうと思うと、仕事も手につきませんでした。

セキュリティーでチェックすべき項目

  • 無料SSL
  • アンチウィルス
  • スパムフィルター
  • メール暗号化
  • WAF(脆弱性を悪用した攻撃の対策)
  • IDS(侵入検知システム)
  • IPS(不正侵入防止システム)

記事で紹介している3社は、セキュリティー対策も万全です。

ワードプレスのプラグインを使えば、より強固なセキュリティーを構築できます。

SSLは無料で使えるか

9つ目のポイントは、SSLが無料で使えるか、です。

※SSL化とは、通信を暗号化する技術です

8つ目のセキュリティーでもお伝えしておりますが、無料でSSLが使えるレンタルサーバーを選びましょう。

なぜなら、手動でSSLに加入するには、時間とコストが発生するからです。

例えば、手動でSSL化する場合、SSLの会社から証明書を取得して、サーバーにアップロードして、さらに3カ月ごとに証明書を更新する、といった手間が発生します。

キャベツ太郎

さらに、SSLを発行するには、1万円以上かかります。

無料SSLが使えるレンタルサーバーは、5分でSSL設定が完了します。

しかも無料で何度でも、SSLが発行できます。

各レンタルサーバーの強み【あなたにはココがおすすめ】

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(もくじ)