3年利用:キーワードスカウターSTのデメリットや感想【SEOで1位量産】

メリット・デメリット

キーワードスカウターSTの購入を検討してます。本当に検索順位はあがりますか?5,000円の価値ありますか?

キーワードスカウターSTは、有料なので、迷う人が多いです。

しかし、キーワードスカウターSTを使えば、ブログの収益があがります

なぜなら、時間をつくることができるからです。

無数にあるキーワード。いままで1時間かけていたキーワード選びが、5分で終わります。

そこでこの記事は、キーワードスカウターSTのメリット、デメリットをお伝えします。

この記事を読めば、購入の判断材料になるので、無駄なお金を使わずに済みます。

この記事を書いている人
登場人物

2022年8月17日の情報です。

この記事でわかること(目次)

キーワードスカウターSTとは?【稼げるキーワードが見つかる】

キーワードスカウターST
キーワードスカウターST

キーワードスカウターSTとは、売れるキーワードを、自動で探してくれる神ツールです。

例えば、ラッコキーワードで選んだキーワードの中で、どれが競合性が低いか、自動で調査してくれます。

売れるキーワードとは、検索順位で1位を取りやすいキーワードで、ブルーオーシャンキーワードとも呼ばれます。

ラッコキーワードで出したキーワード

  • 睡眠グッズ アイマスク
  • 睡眠グッズ アロマ
  • 睡眠グッズ 赤ちゃん
  • 睡眠グッズ amazon
  • 睡眠グッズ 足

「睡眠グッズ 足」が競合性が低いことを、数値で教えてくれます。

ブルーオーシャンキーワードを、手動で探す場合、少なくとも15分はかかります。

キーワードスカウターSTなら、100キーワードでも1,000キーワードでも、自動で抽出。

筆者

空いた時間は、記事の作成に使えます。

キーワードスカウターSTのメリットは、買い切りなこと。

5,478円(込)です

買い切りなので、いちど投資すれば、一生使えます。もちろん、アップデートやサポートも無料です。

キーワードスカウターSTは、こんな人におすすめ

  • 記事のタイトル作成に1時間以上かかっている
  • SEO10位以内の記事がない
  • ブログ始めて1年以上、収益がない

3つのデメリット【キーワードスカウターSTの評判】

3つのデメリット

キーワードスカウターSTには、デメリットがあります。

  1. 2つの不具合
  2. 多機能すぎるため、使いこなせない
  3. 複数のPCで使えない

順番に解説します。

2つの不具合

1つめのデメリットは、2つの不具合が発生したこと。

  1. JAVAのエラー
  2. intitle、allintitleが表示されない

順番に解説します。

JAVAのエラー

キーワードスカウターSTを入れた当日、うまく起動しないエラーが起きました。

筆者

サポートへのエラー相談が面倒でした。電話しました……

結論、このエラーは、アドオンを入れることで解決しました。

そのときのエラーを記事にしたので、参考にどうぞ。

筆者

結論、エラー要因は、パソコンとの相性の問題でした。

JAVAのエラーがでたとき、もう導入できないと思い「5,000円が無駄になった…」とヘコみました。

なんとか起動させるために、JAVAを入れ直したり、サポートにメールしたりして、めんどくさかったです。

ただ、キーワードスカウターSTのサポートさんが、親切迅速に対応してくれたのは、好印象でした。

intitle、allintitleが表示されない

2つめのエラーは、intitle、allintitleが表示されないエラーです。

キーワードスカウターSTにキーワードをいれて、ブルーオーシャンキーワードを探そうとしたら、数値が反映されないエラーが発生しました。

こちらは、キーワードスカウターSTを最新版にアップデートすることで解決できました。

キーワードスカウターSTは、Google検索のアップデートに依存しています。定期的に発生するエラーなので、あたまの片隅に入れておけば、いざというとき焦らず済みます。

多機能すぎるため、使いこなせない

2つめのデメリットは、多機能すぎること。

2年経った今でも、把握できていない機能が多いです。

多機能すぎるキーワードスカウターST

  • 実被リンク数の平均値
  • 総被リンク数の平均値
  • MozRank平均(Moz独自の指標)
  • Page authority平均(Moz独自の指標)
  • Domain authority平均(Moz独自の指標)

専門用語ばかり。

ただ、上記機能は「オフ設定」できるので、動作が遅くなったりする心配はございません。

パソコンに弱い人でも、ブルーオーシャンキーワードは見つけられます。

複数のPCで使えない

3つめのデメリットは、複数のパソコンでは使えないこと。

1アカウント1パソコンなので、例えば、会社パソコンと自宅パソコンを同時に使えません。

複数のパソコンで使うには、もう一つ、ライセンスが必要です。

また、PCを買い換える時は、
キーワードスカウターSTのライセンスを、
入れ替える必要があります。

1パソコン1ライセンスは、逆に言えば、セキュリティーがしっかりしている証拠。安心して使うことができます。

キーワードスカウターST 5つのメリット【SEOで1位量産!?】

5つのメリット

キーワードスカウターSTのメリットは、以下5つです。

  1. ブログ記事作成が進む
  2. 収益化が進む
  3. ドメインパワーが強くなる
  4. 5,478円(込)で、一生使える
  5. スタッフの対応が良い

順番に解説します。

ブログ記事作成が進む

1つめのメリットは、ブログ記事作成が進むこと。

なぜなら、ブルーオーシャンキーワードが5分で見つかるからです。

キーワード選びは、膨大な数の中から選ぶので、時間がかかります。

「気づいたら、キーワード選びに30分使っていた…」なんて日常茶飯事。

お宝キーワード
お宝キーワード

キーワードスカウターSTを使えば、ラッコキーワードで出したキーワードから、競合性の低いキーワードを自動で抽出してくれます。

工数が減った分、記事作成に時間を使うことができます。

収益化が進む

2つめのメリットは、収益化が進むこと。

なぜなら、ブルーオーシャンキーワードが見つかるから。

SEOで1位を量産
SEOで1位を量産

競合が少ないキーワードで、記事タイトルが作れるので、SEOで1位を獲得しやいです。

気づかずレッドオーシャンキーワードで記事を書いてしまうと、いつまでたっても検索順位があがりません。

なぜなら、競合が多いからです。

逆に言えば、キーワードスカウターSTは、レッドオーシャンキーワードを除外してくれるツールです。

ドメインパワーが強くなる

3つめのメリットは、ドメインパワーが強くなること。

なぜなら、ロングテールキーワードで上位表示ができるから。

ロングテールKWとは「ブルーオーシャン 実績 キーワード」のような、3語で構成されたニッチな検索ワードのこと。

筆者

ニッチキーワードで、SEO順位が高くなることで、Googleから「良質サイト」と判断されやすくなります。

結果、サイト全体のドメインパワーがあがり、記事ごとのSEOも強化される傾向があります。

サイトドメインパワーは、パワーランクチェックツールで確認できます。※1日1回チェック可能

もし、あなたのドメインパワーが20点以下なら、キーワードスカウターSTをおすすめします。

5,478円(込)で、一生使える

4つめのメリットは、キーワードスカウターSTは、買い切りであること。

税込みで5,478円です。(送料無料)

キーワードスカウターSTを10年使えば、1年500円ほどです。

筆者

おこづかい制のワタシには、お財布に優しく、ありがたいです。

アップデートもあるので、常に最新版を使えます。

また、サポートも無料なので、安心して利用できます。

スタッフの対応がよい

5つ目のメリットは、スタッフの対応よいこと。

購入から2年経過しても、不具合あればメールで迅速に対応してくれます。

大企業のスタッフに限って、
購入後の対応が悪かったりますが、
キーワードスカウターSTは違いました。

2年たった今でも、迅速に対応してくれます。なので常に安心して利用できます。

Twitterの口コミをまとめました【リアルな声】

twitter
twitter
筆者

わたしの意見だけでは、偏りがあるので、Twitterの声をあつめてみました。

悪い口コミ

体験談が怪しい

まずは、悪い口コミを調査しました。

結論、悪い口コミは、ほとんどなかったです。

印象に残った(共感した)口コミは「体験談が怪しい」という口コミ。

筆者

確かに、ランディングページが怪しいんです。しっかりした会社なのに、もったいないですね。

もちろん、キーワードスカウターSTは、怪しいツールではありません。

2年以上不具合ないし、5,478円以外、支払いは発生しません。

良い口コミ

時間短縮

Twitterの口コミでも、時間を短縮できるメリットを感じている人は多かったです。

MACはコンパス

注意点は、キーワードスカウターSTは、Windows専用であること。

MACでは使えません。

MACは、COMPASS(コンパス)という商品があります。

COMPASSは、キーワードスカウターSTを開発した「株式会社Catch the Web」の製品です。

まとめ【キーワードスカウターSTのデメリットや評判】

keyword-scouterst
キーワードスカウターSTまとめ

まとめです。

今回は、キーワードスカウターSTのデメリットや評判、についてお伝えしました。

キーワードスカウターSTは「稼げるキーワード」が、5分で見つかります。

結果、SEOに強い記事タイトルがつくれるので、収益化が進むでしょう。

筆者

キーワードスカウターSTは、こんな人におすすめです。

購入すべき人
購入しなくてもよい人
  • 記事タイトル作成に30分以上かかる
  • 月5万円稼ぎたい
  • クリック率が1%以下だ
  • 1年以上稼げてない
  • Windowsユーザー
  • 稼ぐ目的でブログしてない
  • 記事タイトルを気にしてない
  • MACを使っている

キーワードスカウターSTは、5,478円。高いと感じる人も多いでしょう。

しかし、買いきりなので、10年使えば1ヶ月あたり50円で利用できます。

また、キーワードスカウターSTを使えば、5分で記事のタイトルが決まります。

1記事あたり、10分時間を短縮できました。

つまり、キーワードスカウターSTは、時間とお金を節約できるツールです。

1年先も、「ブログ収益がゼロのまま」を避けたい人におすすめです。

\買い切り&アップデート対応/

無料サポート(永久)

キーワードスカウターSTは、GRC(ジーアールシー)と併用すると、さらに効果的です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)