2/7まで最大52%OFF!月額687円コノハウィング

【COMPASSとキーワードスカウターST】Google検索ボリュームを表示させる方法

コンパスにキーワードプランナーのデータを取り込む
  • URLをコピーしました!
質問

SEOツールのCOMPASS(コンパス)で、Google検索ボリュームを表示させる方法を教えてください。

COMPASSは、Googleキーワードプランナーのデータを取り込み、キーワード解析できます。

Googleの月間検索ボリュームと連動できる
Googleの月間検索ボリュームと連動できる

COMPASSにデータを取り込むことで、Googleの月間検索ボリュームと連動できます。

そのため「ボリュームが大きく、稼ぎやすいキーワード」が、可視化できます。

稼げそうなキーワードでも、検索ボリュームが少ないと、稼げません。そんな状況を回避できます。

そこでこの記事は、GoogleキーワードプランナーのデータをCOMPASSに取り込み、キーワード解析する手順を記載します。

Googleキーワードプランナーは、無料で使えます。

この記事を読めば、誰も知らない「お宝キーワード」が見つかります。

この記事を書いてる人
キャベツ太郎
キャベツ太郎

<プロフィール>

  • ConoHaWING3年目
  • SWELL3年目
  • SEO検定一級
  • 月収6ケタのブロガー
  • 某ASPの社員
プロフィールの根拠(クリックで開きます)
A8:ゴールド会員
A8:ゴールド会員
SEO検定1級
SEO検定1級
サイトの登場人物
登場人物
登場人物

2023年2月1日の情報です。

この記事でわかること(もくじ)

Googleキーワードプランナーとは?【検索ボリューム】

キーワードプランナーはGoogle広告のツール
キーワードプランナーはGoogle広告のツール

Googleキーワードプランナーは、キーワードの月間検索ボリュームがわかるツール。

Googleが保有する膨大なデータが、無料で利用できます。

キーワードプランナーでできること
  • キーワードごとの月間検索数
  • 平均CPC(クリック単価)
  • シュミレーション

検索上限もなし。使いたい放題です。

ただし、キーワードプランナーを使うためには、Googleアカウントを作り、Google広告に登録する必要があります。

キャベツ太郎

登録はとっても簡単。ワンクリックで終わります。クレジットカードの登録も不要です。

COMPASSに検索ボリュームを表示させる手順【キーワードスカウターSTにも】

COMPASSにCSVをアップロードする
COMPASSにCSVをアップロードする

反映させる方法は、キーワードプランナーからダウンロードしたCSVファイルを、COMPASSにアップロードするだけです。

  1. Googleアカウントを作成(持っていたら不要)
  2. Google広告のURLをクリック(5秒で終わります)
  3. ビジネス情報の確認(10秒で終わります)
  4. キーワード選定
  5. CSVをダウンロード(1秒で終わります)
  6. COMPASS(キーワードスカウターST)にアップロード(5秒)

調べたいキーワードが決まっていれば、21秒で終わる、簡単な作業です。

順番に解説します。

Googleアカウントを作成(持っていたら不要)

Googleアカウント作成orログイン
Googleアカウント作成orログイン

ますは、Googleアカウント作成、またはログインします。

新規で登録する場合、クレジットカードの登録は不要です。

Google広告のURLをクリック(5秒で終わります)

-キーワードプランナーで検索
「キーワードプランナー」でGoogle検索

「キーワードプランナー」でGoogle検索。

Googleにログインした状態で、以下リンクをクリック。

キーワードプランナーにログイン
キーワードプランナーにログイン

「キーワードプランナーに移動」をクリック。

ビジネス情報の確認(10秒で終わります)

キーワードプランナーに登録
キーワードプランナーに登録

①ビジネス情報を入力して、②送信。

①はデフォルトのままで問題ないです。

キーワードプランナー登録完了
キーワードプランナー登録完了

キーワードプランナーの登録が完了しました。

キーワード選定

キーワードプランナーはGoogle広告のツール
Google広告トップ

Google広告トップページへ。

Google広告:画面右上から「キーワードプランナー」を選択
Google広告:画面右上から「キーワードプランナー」を選択

Google広告の管理画面右上「ツールと設定」をクリックすると、メニューが開きます。

「キーワードプランナー」を選択。

新しいキーワードを見つける
新しいキーワードを見つける

①「新しいキーワードを見つける」をクリック。

キーワードの探し方(2つの方法)

キーワードの探し方は、2つあります。

  1. キーワードから開始
  2. ウエブサイトから開始

それぞれ解説します。

キーワードから開始
キーワードの探し方①
キーワードから開始

1つめは、フリーワードで探す方法です。

SEO上位を狙いたいキーワードが決まっている場合は、こちらがおすすめ。

  1. キーワードから開始
  2. キーワードを入力
  3. 結果を表示
URLから抽出
ウエブサイトから開始

2つめは、URLを入力して、Googleに調べてもらい、抽出する方法です。

競合のURLを入れることで、Googleが自動で、関連キーワードを取得してくれます。

まだ、狙いたいキーワードが決まってない場合におすすめです。

  1. ウエブサイトから開始
  2. URLを入力
  3. 結果を表示

CSVをダウンロード(1秒で終わります)

キーワードの探し方②
キーワードの探し方②

キーワード一覧が表示されるので、①から、CSVをダウンロードします。

Googleキーワードプランナーの作業は、ここで終了です。

お疲れ様でした。

続いて、CSVファイルを、COMPASS(キーワードプランナーST)にアップロードします。

COMPASS(キーワードスカウターST)にアップロード(5秒)

CSVをUP
CSVをUP

GoogleキーワードプランナーからダウンロードしたCSVを、COMPASSにアップロードします。

CSVは、キーワードプランナーからダウンロードした状態で、アップロードします。

  1. COMPASS「CSV」タブを選択
  2. CSVファイルを選択
  3. 開く
取り込み完了
読み込み完了

CSVの読み込みが終了しました。

ブルーオーシャンキーワードを見つかる
ブルーオーシャンキーワードが見つかりました

キーワードプランナーで出したキーワードが、①に反映されます。

②「検索開始」をクリック

③稼げるキーワード(ブルーオーシャンキーワード)が見つかりました。

intitle、allintitleの比率が小さく、競合ドメインが弱いキーワードは、「コンパス アフィリエイト」でした。

キャベツ太郎

今回は一例ですが、この手順で記事タイトルと記事を書けば、SEOで上位表示できます。

まとめ【COMPASSでGoogle検索ボリュームを表示させる方法】

まとめ:誰も知らない「お宝キーワード」が見つかります
まとめ:誰も知らない「お宝キーワード」が見つかります

まとめです。

COMPASS(キーワードスカウターSTも同じです)とキーワードプランナーを同期すると、高確率に稼げるキーワードが見つかります。

「検索ボリューム多いキーワード」+「intitle、allintitle分析」+「Mozデータ」にて、競合が見つけられていない「お宝キーワード」が見つかります。

結果的に、

  • 売れない記事を書かずに済む
  • 無駄のないリライトができる
  • 土日の作業だけでも、月5万円稼げる

といった効果が得られます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(もくじ)