2/7まで最大52%OFF!月額687円コノハウィング

【違いを解説】WordPressの有料・無料テーマ、どっちがおすすめ?

cocoon-swell-change
  • URLをコピーしました!
質問

毎月1,000円稼げるようになってきました。コクーンを使っているのですが、SWELLならもっと稼げますか?

SWELLにするか、コクーンのまま進むか、判断に迷いますよね。

SWELLテーマは、17,600円と高いので、悩んで当然です。

そんなときにおすすめなのが「先人の失敗を知る」こと。

キャベツ太郎

わたしは、コクーンを1年、SWELL2年使ってます。コクーンのデザイン性に不満があり、おもいきってSWELLにしました。

そこでこの記事は「コクーンからSWELLに乗り換えたあとの変化」をお伝えします。

この記事を読めば、1年先の未来が予測できるので、正しい判断ができます。

結果、1年先、またテーマの乗り換えせずに済むでしょう。

この記事を書いてる人
キャベツ太郎
キャベツ太郎

<プロフィール>

  • ConoHaWING3年目
  • SWELL3年目
  • SEO検定一級
  • 月収6ケタのブロガー
  • 某ASPの社員
プロフィールの根拠(クリックで開きます)
A8:ゴールド会員
A8:ゴールド会員
SEO検定1級
SEO検定1級
サイトの登場人物
登場人物
登場人物
SWELLロゴ

\少ない工数で稼げるテーマ/

SWELLは「乗換えプラグイン」が用意されてます。簡単にテーマ乗換ができます。

2023年2月1日の情報です。

この記事でわかること(もくじ)

【まずは結論】1円でも収益あるなら、有料テーマを切替える

稼いでいる人は有料テーマを使ってます

結論、1円でも収益があるなら、有料テーマへの乗り換えをおすすめします。

なぜなら、あとで後悔するからです。

キャベツ太郎

月に数千円稼げるようになると「もし有料だったら、もっと稼げるのでは?」と毎日悩んでました。

また、テーマ移管は、リライトが必須になります。

移管を延ばすと、記事のリライト数が増え、時間がなくなります。

まして忙しいサラリーマンにとって、時間は貴重。だから、1円でも稼げているなら、有料テーマ乗り換えおすすめします。

コクーンからSWELLに変えた理由【有料テーマ:ワードプレス】

コクーンからSWELLへ移管
コクーンからSWELLへ移管しました

SWELLに乗り換えたきっかけは、デザインより記事の作成を優先すべきと考えたから。

なぜなら、ブログは、記事を書くことが最優先だからです。

SWELLは、クリックだけで、キレイなサイトが制作できます。加えて、サイト表示速度が早いので、SEOも上がりやすいです。

ブログの目的は収益化。いくらきれいなサイトをつくっても、記事がなければ、いつまでたっても稼げません。

Cocoonスキン
Cocoonスキン

コクーンは、サイト表示速度が速いのですが、デザインがイマイチ

「スキンテンプレートは、良いデザインもあるけど一歩足りない…でも、自分でデザイン作成すると時間がかかるし…」

キャベツ太郎

そんなとき、SWELLの噂を聞きました。美しく速いサイトが作れるテーマがあると。

そして、SWELLに乗り換えました。

SWELLの特徴を簡単にまとめると、コクーンの強化版です。デザインの小回りが利くので、早くて美しいサイトが制作できます。

SWELLを2年使って実感したこと【2つのデメリット】

移管後のデメリット
移管後のデメリット

コクーンからSWELLに乗り換えて約2年。メリット・デメリットを以下に記載します。

まずはデメリットです。

2つありました。

  1. テーマ乗り換えはめんどくさい
  2. AMPに対応していない

順番に解説します。

テーマ乗り換えはめんどくさい

どのテーマも同じですが、テーマを乗換えるときは、すべての記事でリライトが発生します。

このリライトが、かなり面倒です。100記事あったら、100記事を1つ1つ修正するイメージです。

キャベツ太郎

吹き出しや、ボックスが崩れ、改行も詰まったりします。

「平日は仕事しているから無理だ…」

ご安心ください。SWELLには、乗り換えサポートプラグインが用意されてます。

WordPressにプラグインをダウンロードして「オン」にするだけ。

ボックスや装飾の修正がなくなるので、修正工数が50%減少します(実体験から)。

それに、リライトには、メリットもあります。それは、記事の鮮度を高くできること。

いわゆる「フレッシュネス」です。記事の更新頻度が高いと、Googleから評価され、検索順位を改善できます。

テーマ変更+検索順位があがるので、一石二鳥です。

AMPに対応していない

コクーンはAMPに対応しておりますが、SWELLは対応してません。

AMP(Accelerated Mobile Pages)とは、モバイルページを高速に表示させるための手法です。

ではなぜ、SWELLはAMPに対応しなのか。それは、開発者の了さんが必要性を感じていないからです。

ココがポイント

AMPなしでも爆速です。

SWELLスピード100点
SWELLはパフォーマンス100点

それに、2021年6月、Googleは複数あったAMPの優遇処置を終了しました。

事実、AMPは、表示速度が速くなりますが、機能が制限されます(JSが使えなかったり…)

SWELLも、機能を制限すれば、AMP実装可能ですが「シンプルで美しい」SWELLの信念が台無しになります。

SWELLは、AMPなしでも高速

コクーンパフォーマンス68点(モバイル)
コクーンパフォーマンス68点(モバイル)

SWELLは、AMPなしで高速です。

AMPコクーンのパフォーマンスは68点(モバイル)でした。

SWELLパフォーマンス97点(モバイル)

同条件で、SWELLは、97点です。

つまり、表示速度もデザインも、SWELLが優れていると考えております。

少ない工数で大きな成果【6つのメリット】

コクーンからSWELLにしてよかったこと
コクーンからSWELLにしてよかったこと

「コクーンからSWELLにしてよかった」と感じたことは、6つあります。

  1. アップデートが多い
  2. トップページがラクに作れる
  3. アフィリエイトタグの種類が多い
  4. アフィリエイトができる
  5. サイト表示速度の向上
  6. ページの一括更新がラク

順番に解説します。

アップデートが多い

1つめは、アップデートが多いこと。

SWELL以外もで同じことが言えますが、有料テーマは無料テーマに比べて、アップデート多いです。

なぜなら、お金を集めて開発できるからです。

無料テーマは、アップデート資金が足りず、アップデートが困難になるケースが多いです。

有料テーマの中でも、SWELLはアップデートが多いです。

例えば、通常半年に1回のアップデートなら、SWELLは月1回更新しているイメージです。

SWELLアップデート一覧

アップデートは、修正と更新がありますが、SWELLは更新アップデートが多いです。ユーザーの声を反映してます。

さらに、SWELLには、専用のフォーラムと、掲示板があります。

そこでは、SWELL開発陣に直接連絡できるので、不具合や意見を伝えることができます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(もくじ)